2016年06月01日

「早稲田スポーツを応援する会」発足に向けて


下見会実施報告
 鎌倉稲門会では、いくつかの新しい同好会を発足させようという気運が高まっている。
その中の一つ、仮称「早稲田スポーツを応援する会」は、近日中に発足されることになったが、これに先駆けて、さる5月29日(日)役員有志により、「東京六大学野球早慶戦観戦下見会」が実施された。

 参加者は12名。早稲田大学応援部OBの正木さんの手配で、1塁側内野応援席で観戦することができた。試合開始までの2時間は、応援に関するルール説明や、チアリーダーの早慶交流、校旗入場、校歌斉唱等のセレモニーが続いた。
早慶戦写真小林3.JPG   DSC_3035.JPG

 早稲田は、前日の早慶戦に敗れたため、5位確定と残念な順位となったが、それでも早慶戦は特別な試合だ。観客席が埋まってくるにつれて、開戦ムードが盛り上がってくる。

早慶戦写真1藤林さん.jpg  早慶戦写真藤林さん4.jpg

試合は序盤が投手戦で、均衡が崩れたのは4回裏。慶応が岩見君の2ランホームランで先制。しかし直後の5回表、早稲田は真鍋君の2塁打、立花君の適時打で同点。さらに6回表、早稲田は竹内君の2塁打と石井君の適時打で3点を奪い逆転と、好展開。 

 早慶戦写真藤林さん7.jpg  早慶戦写真1藤林さん.jpg2.jpg  早慶戦写真小林1.JPG

観戦中は応援部の指揮のもと、皆が一緒になってハリセンをたたき、選手に声援を送り、あるいは肩を組みながら応援歌で声を振り絞る。応援には全身を使うのである。早稲田は9回表にも2点を追加し、7対2と、この時点でほぼ勝利を手中に収めた。
鎌田総長も安堵されたか、応援団の前に立って激励のことばをかけた。
 
早慶戦写真藤林さん6.jpg  早慶戦写真藤林さん5.jpg 早慶戦写真藤林さん3.jpg 早慶戦写真小林4.JPG
                     挨拶する鎌田総長
慶応の反撃も9回裏、山本君のソロホームランで1点を返したところで力尽きた。慶応の最後のバッターが倒れた瞬間、1塁側には大歓声が沸き起こった。これで1勝1敗である。
試合後、校歌斉唱、エールの交換等ののち、明日の第3戦の勝利を念じて球場を後にした。

(上2つの画面は動画です。最初に画面下の〇の中の右向き三角1をクリックしてください)

その後、参加者は勝利の余韻に浸りつつ、表参道のイタリアンレストランに移動して懇親会を行った。

席上、この会の名称を「早稲田スポーツを応援する会」とすること、および代表を山田章博さん(S46政経)、副代表を正木祐二さん(S56商)とすることを決めた。

また、今後のスケジュールとして、
      7月6日(水)    早慶サッカー
     10月末〜11月初 六大学野球秋季早慶戦
     11月23日(祝)   早慶ラグビー
     12月11(日)     早明ラグビー
     来年1月2・3日   箱根駅伝
     同 4月        早慶レガッタ
などを観戦予定とすることを確認した。                         以上 
                                        
本日の参加者(敬称略):落合理史(S38政経)、田村昌恵(S38教育)、江副路子(S48文)、福山裕子(S35文)、千葉文子(S37文)、藤林明(S46教育)、山ノ上喜一郎(S39商)、深澤隆史(S45法)、森峻(S43政経)、山田章博(S46政経)、正木祐二(S56商)、 小林敏二(S46法)

       (文:小林敏二、写真:藤林明+小林)



posted by 鎌倉稲門会 at 22:54| Comment(0) | ○ 事務局から

2016年05月19日

サロン・ド・ワセダ夏季時間のお知らせ



サロン・ド・ワセダは、6月〜9月は
          夏季時間となり、PM6:00〜PM8:00にオープンします。

 ■ 昨年10月にオープンしたサロン・ド・ワセダは、毎回20名くらいの参加者があり、活況を見せています。

 ■ オープンは、毎月第2水曜日PM5:00〜PM7:00ですが、夏季(6月〜9月)はPM6:00〜PM8:00です。

 ■ 料理は、一品500円がメインのサロンのための特別メニューです。

 ■ オープン時間内であれば、出入り自由です。ご都合の良い時間にお立ち寄りください。次回は、6月8日(水)です。

    2016-5-18サロンチラシ.jpg←クリックすると拡大します


  鎌倉稲門会事務局
Tel&Fax 0467(55)9771 E-Mail wasedakamakura@yahoo.co.jp


 
posted by 鎌倉稲門会 at 09:58| Comment(0) | ○ 事務局から

2016年05月13日

熊本地震被災者への義援金について

3・11東日本大震災の折には「早稲田大学校友会神奈川県支部名義}で被災者支援として
県支部会計の予算から100万円を捻出し、神奈川新聞社厚生文化事業団経由で日本赤十字
県支部に預託しました。今回、東日本大震災とは状況は異なりますが、「早稲田大学
校友会神奈川県支部名義」で被災者支援として県支部会計から「熊本地震により被災した
早稲田大学学生や復旧支援活動への支援」のルートで行うこととしWASEDAサポーターズ
倶楽部寄付金」を通じて振込むことになりました。金額は20万円です。
東日本大震災義援金については鎌倉稲門会独自に義援金を募り217千円を早稲田大学校友会に
「早稲田大学校友会義援金」として贈呈しています。寄付して頂いた氏名は平成23年12月号
「早稲田学報」に掲載されておりました。
今後、熊本地震被災者への義援金を稲門会員個人として寄付される場合については上記を
考え併せていただきたくお願い致します。
                      鎌倉稲門会 副会長兼幹事長 落合理史



posted by 鎌倉稲門会 at 23:58| Comment(0) | ○ 事務局から

2016年05月01日

新設同好会のご提案

鎌倉稲門会会員の皆様へ
新設同好会のご提案です


 鎌倉稲門会には現在、「ゴルフ同好会」「囲碁の会」「旅と写真の会」「バードウオッチングの会」
「茶道同好会」「女性の会」があり、それぞれ活動しています。

 一方、会員の中から、新たにいくつかの同好会を作りたいという声も出てきました。
そこで、会員の皆様にご提案してご希望をうかがい、賛同する方が10名程度以上あれば、
新同好会として発足させようということになりました。

 新設同好会は、以下の6つが候補としてあがっています(一部発足確定した同好会があります)。

@美術同好会
 ■ 日常の中でちょっと心惹かれる何かを描いてみる楽しさを、皆さんと共有したいという同好会です。
 ■ お好きな画材で制作された作品を定期的に持ち寄って、お互い鑑賞、講評することで、
    自身の感性の世界とは異なる空間を体験できることと思います。
 ■ また、これらの作品の展覧会も開催したいと思っております。

A早稲田スポーツを応援する会
   (この会は、発足が決まりました)
 ■ 東京六大学野球「早慶戦」をはじめ、「ラグビー早明戦」「早慶レガッタ」などワセダが活躍する
   スポーツが多くあります。

        早慶戦写真.jpg ■ 若い日に帰って、学生とともに早稲田スポーツを観戦し、応援しましょう。

 ■ 鎌倉稲門会会員には早稲田大学応援団OBもおりますから、試合に関する解説や、チケットの確保等で
   ご協力をいただけそうです。

B古典芸能を鑑賞する会
 ■ 落語をメインに、ときには歌舞伎、文楽、能等の日本の古典芸能を鑑賞し、その後は飲みながら
   語り合おうという会です。 
落語イラスト.jpg■ 落語は、古典中心。人情話もじっくり聞いてみませんか。蘊蓄もご披露ください。 

C中国語勉強会 
 ■ 中国語は、地球上で一番多くの人が使っている言語です。
 ■ 「ポン」「チー」を超えた中国語に触れてみませんか。
 ■ 中国語に卓越した会員があり、同好会が発足した際にはご指導をいただくことになっています。

Dお料理してみよう会 
 ■ 男性女性を問わずの料理会です。
 ■ 台所に立ったことのない男性(あなたのことです)の初歩から、ベテラン主婦のスキルアップ
   まで、家族の皆さんに喜んでいただける料理を学びます。 料理イラスト.jpg
 ■ 調理の後は、「作品」を味わいつつ、談笑しましょう。

E俳句の会 
 ■ 鎌倉は吟行に恵まれたところです。
 ■ 親しい人と一緒であれば、呻吟難句も楽しいひとときになることでしょう。
 ■ お互いの作品を持ち寄って、楽しい句会を開きましょう。俳句イラスト.png



 以上の新設候補同好会を、会員の皆様はいかがお考えでしょうか。下記のメール、電話、FAX等で
「〜会に参加したい」「〜に興味がある」等、ご希望、ご意見をお寄せください。

 皆様のご賛同により、新らしい同好会が発足します。さあ、ご一緒に楽しみませんか。

   ご希望、ご意見お寄せ先

     鎌倉稲門会 事務局  E-Mail wasedakamakura@yahoo.co.jp
                    Tel&Fax 0467(55)1779
     担当副会長 田村昌恵 E-Mail azu.mtamura@jcom.zaq.ne.jp
                    Tel&Fax 0467 (31) 4714 

   鎌倉稲門会事務局






posted by 鎌倉稲門会 at 23:06| Comment(0) | ○ 事務局から

2016年04月24日

新年会アンケート結果 報告

平成28年2月11日(建国記念日)に開催された鎌倉稲門会新年会は「会員の皆様の新年会」
としてご家族同伴でご参加いただきました。お楽しみ企画として「空くじなしの抽選会」は
会場を多いに盛上げてくれました。新年会は事業担当Gが企画運営を中心となって行い、
アンケートをまとめていただきましたのでご報告いたします。
参加者 77名 
アンケート回答 5名 男性4名 女性1名
          (内 S30年代卒2名、S40年代卒2名、S50年代卒1名)
1、新年会について
  ・よかったと思う  4名
  ・会員全体に拡げたのがよい
  ・来年も続けてもらいたい
  ・抽選会もよい
2、総会について
  ・肩が凝る(大学当局や他大学からの出席など・・・)
  ・六大学招待者の紹介などはやめて、会員中心の会にしたらどうか
  ・講演会は続けてもらいたい
3、同好会について
  ・すでに参加している
  ・新しいもので入りたいものができればよい
4、会報について
  ・評価する
  ・情報発信を強化してほしい
5、ホームページについて
  ・評価する
  ・個人情報は特定できぬように配慮してもらいたい
6、その他
  ・同窓の人たちが身近にいることが心強い

回答いただいた方々にお礼を申し上げます。
今後の運営に皆様のご意見を参考にさせていただきます。
                            事務局
posted by 鎌倉稲門会 at 13:53| Comment(0) | ○ 事務局から

2016年04月21日

探鳥会開催のお知らせ

今年2回目の「バードウォッチングの会」を開催します。今回は「横浜自然観察の森」で山の鳥を観察します。日曜日の開催ですのでご家族おそろいでご参加ください。

日時: 6月5日(日) 雨天中止
集合: 大船駅 笠間口前バスロータリー(東口バスロータリーではありません。ご注意ください)午前9時 30分 (9時40分発の「金沢八景行き」のバスに乗車しますので遅刻されませんように)
当日の予定: 「横浜自然観察の森」で約2時間ほどレンジャーの説明を聞いたり、野鳥観察のあと、園内の レストランで昼食会を行います。
用意する物: 双眼鏡 軽いハイキング程度は歩きますので、歩きやすい履物でお越しください。
参加費: 300円(郵送料+資料代)
お申込み: 5月31日までに下記へ(当日のご参加でも結構ですが、お申込みの方には雨天中止の場合にご連絡します)
 田村 昌恵: (電話)0467-31-4714 または(メール)azu.mtamura@jcom.zaq.ne.jp
 上野 尚博: (電話)0467-45-0410 または(メール)kumagera1@nexyzbb.ne.jp
当日の緊急連絡:
 田村 昌恵: (携帯)090-1432-2131
 上野 尚博: (携帯)090-2483-9138


posted by 鎌倉稲門会 at 11:34| Comment(0) | ◇バードウォッチングの会

2016年04月13日

常任幹事会(常任幹事・幹事) 開催について

常任幹事会を下記の通り開催します。

日頃は鎌倉稲門会運営について多大なるご協力を頂き誠にありがとうございます。
さて、新役員になってから新しい目線にて会運営に取り組んで参りました。
これまでのの経過についてご報告、今後の会運営について諮りたく常任幹事会を開催します。。
             記
日 時 平成28年4月16日(土)10:00〜12:00
場 所 鎌倉生涯学習センター3F 第5集会室
議 題 @平成28年度 総会。懇親会について
    A現「史跡めぐり」について
    B代議員。商議員について
    Cその他
                     鎌倉稲門会 会長 兵藤芳朗
posted by 鎌倉稲門会 at 11:53| Comment(0) | ○ 事務局から

女性の会新春のつどい報告

 2月28日(日)、女性の会では新春のつどいを開催しました。
 昨年20周年を迎えたのを機に少しだけ若返りを果たしたスタッフが女性の会の第2ステージを
盛り上げようと企画に知恵を絞りました。
 会場は、光則寺前の「長谷別邸」。ウェディング等の会場としても人気の長谷別邸は、
実は、稲門会会員(昭和54年政経卒)である牧田知江子さんの御両親が住んでおられた住宅で、
手入れの行き届いた広い芝生を囲むように、たくさんの素敵な盆栽が並べられた閑静な民家です。

   160228稲門会新春の集い17別邸全景.JPG

 11時に開会し、元ニッポン放送アナウンサーの田中智子さん(昭和53年教育卒)による朗読「魂結び」
に耳を傾けたあと、小町のワインバー『ビーノ』のシェフが腕を振るったランチをいただきながら、参加者
一同で懇談を楽しみました。

  160228稲門会新春の集い1.JPG 160228稲門会新春の集い2.JPG

 参加者は27名で、台湾からの留学生の飛び入り参加もあり、世代を超えて早稲田の杜の思い出や
現況を語り合いました。

 160228稲門会新春の集い18宴会風景JPG.JPG 160228稲門会新春の集い20宴会風景JPG.JPG 160228稲門会新春の集い21宴会風景JPG.JPG 160228稲門会新春の集い23田村さんの吊るし雛説明JPG.JPG

  女性の会では、これからも女性たちのネットワークを生かし、ワセジョならではの企画を実施して
いきます。
                    集合写真.JPG

                             (文:前田陽子 写真:野口景子/小林敏二)





posted by 鎌倉稲門会 at 10:24| Comment(0) | ◇ 女性の会

2016年04月08日

「千本桜さくら祭り」見学会の報告

 4月1日(木)、旅の会と写真同好会の共催で「千本桜さくら祭り」を見学する会を催行した。
場所は小田急線「高座渋谷駅」から徒歩15分ほどの「引地川」沿いである。
 午前10時、高座渋谷駅に参加者16名が集合し、本日の予定を確認したのち、まず引地川までの
中間地点にある「常泉寺」に寄った。

 2016-4-1藤林さん撮影18.jpg   (写真はすべてクリックすると拡大します)

 ここは曹洞宗の古刹。近年「花の寺」として名高い。特にミツマタの数は、平地では国内有数の規模
と聞く。境内では、手入れの行き届いた多種の草木や盆栽が、参詣者を迎える。また、樹齢650年
という五葉松、目を見開いた縁結び菩薩、300体ほどの河童像などが目を引く。

 2016-4-1藤林さん撮影20.jpg 2016-4-1小林撮影常泉寺五葉松.JPG 2016-4-1小林撮影常泉寺縁結び菩薩.JPG 2016-4-1藤林さん撮影19.jpg
    常泉寺境内          五葉松「波乗り船」      縁結び菩薩       河童像

 ここをあとに引地川に出ると、満開の桜が目に飛び込んできた。引地川は大和市内を水源とし、鵠沼海岸に
流れる約21kmの小さな川だ。川幅も狭い。この両側におよそ700本の桜が植えられているそうだ。

 2016-4-1藤林さん撮影1.jpg 2016-4-1藤林さん撮影12.jpg  2016-4-1小林撮影桜.JPG

 わたしたちは、千本桜商店会に隣接の「みどり橋」から川沿いの小道を「桜ヶ丘駅」方向に北上した。
ここの桜は、川に覆いかぶさるようにアーチ形を見せるのが特徴。水と桜の取り合わせが美しい。

 2016-4-1小林撮影桜.JPG 2016-4-1桜.JPG 2016-4-1藤林さん撮影4.jpg

 川沿いに約1km歩くと「本八幡橋」に出る。ここでUターンし、今度は川の反対側を歩いた。
花見の行程は約2km。時々立ち止まって眺め、あるいは写真を撮り、およそ1時間半あまりの散策であった。

 DSC_2868.JPG DSC_2856_01.JPG DSC_2851.JPG DSC_2866_01.JPG

 その後、千本桜商店会の一角の休憩所で一休みし、再び徒歩で高座渋谷駅近くのカフェ&バーに向い、昼食をとった。
 DSC_2877.JPG DSC_2880.JPG
 ここでしばし談笑の後、午後2時過ぎ散会した。

 2016-4-1小林撮影集合写真.JPG
  参加者全員の集合写真
                                (文:小林敏二、写真:藤林明+小林)







posted by 鎌倉稲門会 at 10:38| Comment(0) | ◇ 旅と写真の会

2016年03月29日

「地引網」開催のご案内

 早稲田大学鎌倉稲門会会員の皆様
                                       早稲田大学鎌倉稲門会
                                        会 長 兵藤 芳朗

 春らしい季節となってまいりました。鎌倉稲門会会員の皆様におかれましては、ますます
ご健勝のこととお慶び申し上げます。また、日ごろ当会の活動にご協力をいただきまして、
誠にありがとうございます。
 さて、当会では皆様にご参加いただく行事として、「史跡めぐり」と「地引網」を二本柱
と位置づけて活動してまいりましたが、ここ数年は諸般の事情により「地引網」が開催でき
ない状態となっておりました。その間、地元の漁師さんとご相談を重ねて、昨年10月に久々
に開催できる運びとなりましたが、悪天候のため残念ながら中止となってしまいました。
 その後再度、漁師さんとご相談をした結果、あらためてご協力をいただくことができ、以下
の通り「地引網」が開催できることとなりました。
 ぜひ皆様お誘いあわせの上ご参加いただきますよう、ご案内申し上げます。


                  地引網のご案内
                                      鎌倉稲門会事務局
                                      実行委員長 小泉 親昂

 当会では毎年5月に材木座海岸で地引網を行ってきましたが、ここ7年あまり開催することが
できませんでした。
 地元の漁師さんと長い間、相談を継続してきた結果、5月5日(こどもの日)に坂ノ下海岸で
開催することができることになりました。

 詳細は別紙ご案内をご覧の上、多数の方にご参加のお申し込みをいただくようご案内します。

 参加ご希望の方は、4月30日(土)までに
         〒 住所、氏名、卒業年・学部、電話、携帯電話、E-メールアドレス
         ご本人を含めた参加人数、中止の場合の連絡方法(電話か携帯のいずれか)
 を記載の上、メールでお申し込みください。
         メールアドレス wasedakamakura@yahoo.co.jp
電話、Fax、ハガキのお申込みでも結構です。

   2016-5-5チラシ画像.pdf   ←クリックしてください。ご案内チラシが出ます。 

 〒247-0071 鎌倉市玉縄1−13−6 
 鎌倉稲門会 事務局
 Tel&Fax 0467−55−9771
 
posted by 鎌倉稲門会 at 15:52| Comment(0) | ☆ 地引網