2018年01月12日

箱根駅伝応援報告記

正月恒例の箱根駅伝、今年も往路3区、藤沢遊行寺坂上で、藤沢稲門会とご一緒させていただき、母校の応援をして参りました。

藤沢稲門会をはじめ、逗葉・大和・相模原・茅ケ崎・更には秋田稲門会の皆様とご一緒に盛り上がりました。9時前から、兵藤会長ほか役員自らのぼりを立てていただき、秋田からはきりたんぽ鍋もセットされ、今か今かと選手たちを待っておりました。母校のポジションも悪くなく、トップ東洋を追いかける展開に皆さん大興奮。結果往路も3位と言うことで期待通りの結果でした。

寒い中全員で、藤沢稲門会副会長のリードで校歌を大合唱!来年は期待の選手も入学予定との事で、青山学院の5連覇を阻止し、久々の早稲田優勝を目指してまた来年元気に応援集まりましょうということで解散いたしました。

来年は、是非鎌倉稲門会から30名以上の皆様のご参加を期待しております。

 DSC_4888.JPG DSC_4889.JPG DSC_4894.JPG DSC_4905.JPG 
秋田稲門会きりたんぽ鍋 1,2区はTV観戦     トップは東洋大学  力走早稲田の光延君
 DSC_4959.JPG DSC_4960.JPG DSC_4970.JPG DSC_4982.JPG
 通過後挨拶兵藤会長 校歌リーダー藤沢副市長 全員で「都の西北」  参加鎌倉稲門会会員
  
   (写真はすべてクリックすると拡大します)

                                    (文:山田章博、写真:小林敏二)



posted by 鎌倉稲門会 at 22:38| Comment(0) | ◇早稲田スポーツを応援する会

2018年01月03日

[ 「サロン・ド・ワセダ」のご案内

あけましておめでとうございます。         角松.jpg

1月10日(水)午後5時、今年初回の「サロン・ド・ワセダ」がオープンします。
サロン・ド・ワセダは、会を重ねるに従い、初参加の会員が来場することも多く、交流の輪も広がってきました。
予約は不要です。午後7時のクローズまで、入室・退室も自由です。どうぞ、お気軽にお越しください。
 2016-5-12サロンドワセダチラシ新 .pdf ←クリックしてください

鎌倉稲門会 事務局
Tel&Fax 0467(55)9771 E-Mail wasedakamakura@yahoo.co.jp


posted by 鎌倉稲門会 at 19:01| Comment(0) | ○ 事務局から

2017年12月29日

「私立大学の未来を考える」フォーラムに参加して

 「私立大学の未来を考える」ー量から質への転換に向けてー
2017年12月17日(日) みらい教育フォーラム 主催 朝日新聞社 後援 文部科学省
第一部 基調講演 「大学トップ、私立大学の未来を語る」 以下発表順
      慶 應 長谷山 彰 塾長 慶應義塾の歩み、グローバル大学への道、教育理念、
                       卒業生(三田会)のネットワーク、財政の独立 etc
           早稲田 鎌田  薫 総長 Waseda Vision 150(学部生7000人減、授業規模、
                       グローバルリーダー育成、国際交流促進、建学精神) etc
      明 治 土屋恵一郎学長 学部学生増員、ICT活用のオンライン授業、国際化教育、
                       建学精神 etc
第二部 論点整理
      「私学が目指す方向」   調査報告 筑波大学 特命教授 金子元久
第三部 パネルディスカッション
      「私学の未来像を考えるー量から質への転換にむけて」
      パネリスト 鎌田 薫 長谷山 彰 土屋恵一郎 浦野光人(ニチレイ相談役)

第一部では、鎌田総長は具体的内容を発表、明治は運営上増員予定など、慶應は具体的
改革案の発表はなかった。
第三部パネルディスカッションでは早稲田改革案について議論が始まった。

以上が概要ですが、内容は朝日新聞1月中旬の朝刊に詳細記事が発表されますので是非
読んでいただくことをお勧めします。

所感
鎌田総長は「量から質への転換」が具体的に進められていることを参加者に強くアピール。
大学商議員会(年2回開催)にて概要は発表されていますが議事録は公表していません。
従って、今回の「教育フォーラム」にて公開された内容を鎌倉稲門会会員の各位には
母校早稲田大学の「量から質への転換の方向性」を知る上で良い機会であり、理解をして
いただくことが大切と考えご報告します。
                            
鎌倉稲門会 商議員 落合理史

                        
posted by 鎌倉稲門会 at 12:17| Comment(0) | ○ 事務局から

2017年12月27日

第7回句会と忘年会の報告

第7回「りんどう句会」報告

今回は年末でもあり、最終週を避けて、12月23日(土・祝日)に開催しました。「納め句座」(今年最後の句会の意味で、仕事納め、御用納め、事納めの応用語。俳句では季語としてよく詠まれる)にふさわしく、兼題の「クリスマス」はじめ、当季雑詠の句もそれぞれ個性を発揮した佳句が多く、活発な合評の場となりました。
句会の後、大船駅付近の居酒屋の個室で当句会初めての忘年会を開催、11名の出席で句会の雰囲気をそのまま持ち込んだ、楽しくも高尚!な話題で大いに盛り上がりました。来年も毎月最終週の月曜日13時から玉縄事務所で開催予定です。1月の兼題は「成人式」。我々にとっては遠い遠い昔のことですが・・。
年改まり、俳句でもやってみようかと思う方、是非お声をかけてください。最初は体験見学でも結構です。以下、今回の高得点句(3点以上、作者名は俳号)。

          5点:八百万の神信じゐてクリスマス    浜崎かづき
          5点:長電話終はらせばやと咳ひとつ    前川たく
          5点:木枯を聞く仕舞湯の温さかな     高吉よしえ
          4点:聖夜劇母の手縫ひの白き布      吉崎明光
          4点:つくばひに泡閉ぢ込めて初氷     浜崎かづき
          3点:強き友逝きて手向けの寒稽古     鈴木金平
          3点:子は異国祖父母が点す聖樹の灯   福田くにもと
          3点:年越は燗で芝浜妻と聴く        小林としを

                                                 (吉崎明光記)





posted by 鎌倉稲門会 at 20:40| Comment(0) | 俳句の会

2017年12月24日

秋のゴルフコンペと忘年会

第46回WUKゴルフコンペに参加して
                                昭和41年政経卒 加藤 光晴
11月7日にファイブハンドレッドクラブ(静岡県裾野市)にて、好天のもとゴルフ同好会のコンペに初参加をしました。
男性ばかりの13名の方々が集い、楽しい一時を過ごしました。私は、今まで鎌倉稲門会の集まりにも殆ど出席したこともなく、過日の総会の中で、ゴルフ同好会のメンバーを知り今回の初参加に繋がりました。
ゴルフコンペでは、旧知の方もいないので当初は緊張し(気が弱いので!!)てオドオドしていましたが、皆なさんが暖かく接してくれ違和感もなくプレーが出来ました。結果は、以前から顔とゴルフのフォームは褒められたことがなく、“ヘボ”と言われて久しい、実力通りになってしまいました。
優勝は、堅実なゴルフの 上野利晴さん。準優勝の鎌田守彦さんは何と 81のベスグロ!ブービー賞は藤原義行さんでした。決して若いとは言えない方々でしたが、和気あいあい・楽しそうなメンバーで、今後も気楽に参加出来そうです。
初参加は、たまたま同姓の加藤務さん(血縁関係はありません)の2名でした。
プレーでご一緒した上野さん・白井さん・若々しいゴルフの玉生さん、色々有難うございました。
DSCF0261.JPG

ゴルフ同好会忘年会開かれる
12月16日 定着しつつあるゴルフ同好会の懇親会(納涼会と忘年会)が、小町通りと豊島屋さんの間にある ベルエポックで12時半〜と昼間行われた。
食事を取りながらの歓談とカラオケで、大いに湧いた2時間を過ごしました。
今年は、鎌倉六大学戦で個人戦では 優勝:藤原義行さん、準優勝:庄司道弘さん、5位:鎌田守彦さん、6位:玉生弘昌さん、7位:井元清士さん 等の活躍が有り、その結果として 団体戦で優勝し、皆さん活躍の年となった。
鎌倉六大学戦の幹事校は、順送りで2019年度は早稲田が幹事校になります。来年からその準備が始まりますので皆さまのご協力をお願い致します。
忘年会参加者:太田進之助(S29),藤原義行(S36)、東基衛(S38),落合理史(S38)、君和田正夫(S39),加藤光晴(S41),庄司道弘(S45),石井猛(S46),鎌田守彦(S48),芹沢幸彦(S51),幹事:長坂(S42)、大森(S43),上野(S47)、新村(S50) 以上14名
posted by 鎌倉稲門会 at 15:10| Comment(0) | ◇ ゴルフ同好会

2017年12月23日

女性の会を開催しました。

女性の会、『中国語入門講座』を開催
女性の会では、11月、12月に計3回の中国語入門講座を開催しました。講師は早大時代に中国に留学した経験を持ち、中国語通訳をしている女性の会メンバーの草間久美さん(昭和60年文学卒)。中国語や中国に関心を持つ10名ほどの校友が生徒として参加しました。記憶力は今一つの生徒たちですが、そこは持ち前の早稲田スピリットでカバーし、和気藹々と講座を楽しみました。中国語は有気音と無気音があったり、四声という独特のイントネーションがあったりと初心者にはなかなか取っつきにくい言葉です。しかし、同じ漢字文化圏の言葉ですから、字面を見ると意味が推測できることもあります。これはこういう意味では?いやいや違うでしょう、と生徒たちが脱線を始めるともう止まりません。
1月には中国人の店員さんがいる中華料理店で番外編を楽しむ予定です。
2月以降に第2部を、というリクエストもあります。関心のある方はぜひご連絡ください。

 20171216中国語講座.jpg ←クリックすると拡大します。

なお、2月18日には浄明寺5丁目の松久寺で恒例の新春のつどいを開催する予定です。
                                                      
                                               (代表 前田陽子)



posted by 鎌倉稲門会 at 22:13| Comment(0) | ◇ 女性の会

2017年12月19日

「箱根駅伝」を応援しよう

「箱根駅伝」応援のご案内。

DSC_3523.JPG DSC_3544.JPG  DSC_3636.JPG ←クリックすると拡大します。
            写真は前回のもよう
 
正月の恒例イベント「箱根駅伝」の応援に大勢の皆様お越しくださるようご案内いたします。
藤沢稲門会のお誘いで、場所をお借りし、合同応援します。
いつもの通り、往路3区。場所・時間も同じです。

日 時 平成30年1月2日(火)AM9:00〜11:00頃
     (例年、先頭ランナーは10:25前後に通過します)

場 所 藤沢橋坂上「神中興業」さんとその周辺。 
     (チラシの地図をご参照ください)

その他 参加ご希望の方は、直接上記応援場所にお越しください。
     予約は不要です。
     早稲田大学の幟旗を設置するなど、選手を待ち受ける準備作業がありますので、
     ご協力ください。

問合せ 「早稲田スポーツを応援する会」山田章博 090−8806−7618
      「旅と写真の会」         小林敏二 090−8747−0361

H30箱根駅伝 応援しようチラシ.pdf ←クリックしてください。




posted by 鎌倉稲門会 at 11:50| Comment(0) | ◇早稲田スポーツを応援する会

2017年12月15日

第6回りんどう句会のご報告

11月27日(月)午後、玉縄事務所で開催されました。今回から新たに2名の会員を迎え、
当日は11名の句会となりました。
兼題は田村昌恵さん出題の「七五三」。おめでたい、ほのぼのとした句がたくさん出句
されましたが、なかには、<放蕩の身に縁はなし七五三>(新入会員の鈴木金平さん)
など、「七五三など自分の人生には関係ないよ」と斜に構えた句も発表されるなど、座
は大いに沸きました。

句意や使用季語に対する質疑も活発に行われ、ますます中身の濃い句会になってきています。

12月は年末でもあり、例外的に23日(土・祝日)に句会と忘年会を予定しています。兼題1句
(千葉ふみこさん出題の「クリスマス」)と当季雑詠2句。

以下、11月の高得点句(4点以上、氏名は俳号)。原則、作者の原句を尊重、一部添削後。

    6点句 小春日や猫の番する駐在所      浜崎かづき

    4点句 ブロンドに緋の振袖や七五三     吉崎明光

    4点句 木枯しをかはして駆けるランドセル  千葉ふみこ

    4点句 夕されば鳶風にのり山眠る      田村昌恵

    4点句 路地に菊新内流す神楽坂       小林としを

    4点句 木枯を背(せな)に屋台の人生論   吉崎明光
                                         (吉崎明光記)
posted by 鎌倉稲門会 at 20:57| Comment(0) | 俳句の会

2017年12月09日

「桂歌助独演会」開催の報告

12月6日(水)第3回落語会を井上蒲鉾店3Fで催しました。

 演者は、昨年に引き続き桂歌助師匠にお願いしました。
 DSC_4880.JPG  DSC_4881.JPG ←写真はクリックすると拡大します。
   開会挨拶川端代表        兵藤会長挨拶

今回は、ユーモアたっぷりな「尻餅」と人情噺の「井戸の茶碗」でした。
   DSC_4882.JPG
      歌助師匠2席

33名の参加者は落語を堪能してお帰りになったと思います。
 DSC_4884.JPG
来年は少し形を変え、より皆様が気楽に楽しめるようにしたいと

考えています。5月か6月頃を予定しています。ご期待下さい。
                                          (文:川端章、写真:小林敏二)



posted by 鎌倉稲門会 at 08:57| Comment(0) | ◇古典芸能鑑賞会

2017年12月04日

「バードウォッチングの会」新年探鳥会のお知らせ

久し振りに「バードウォッチングの会」を開催します。木の葉が落ちて鳥が見やすい時期で目的地の「舞岡公園」は田んぼや雑木林など昔の里山の風景が残され、いろいろな鳥がここで越冬をしています。25種類ほどが期待できるでしょう。若干の起伏はありますがほとんど下り坂ですので、軽い散歩のつもりでご参加ください。

目的地: 舞岡公園(横浜市戸塚区)
日時: 2018年1月18日(木) 雨天の場合は 25日(木)に延期
集合: JR戸塚駅 「橋上改札口」外(大船駅寄りでホームから上階に上がる) 午前9時
持ち物: 双眼鏡、 飲物、菓子など
通信費・資料代等: ¥300.-
昼食: 午後1時ごろに戸塚駅付近のレストラン
服装: 歩きやすい靴、寒い時期ですので防寒具
トイレ: 園内に数ヶ所あります
ご参加の連絡先: 田村昌恵(0467-31-4714) 上野尚博(0467-45-0410)
当日の緊急連絡: 上野携帯 (090-2483-9138)
ヤマシギ(8) 2014.2.7 竜ヶ崎市(岸久司).jpg
posted by 鎌倉稲門会 at 14:48| Comment(0) | ◇バードウォッチングの会