2018年01月03日

[ 「サロン・ド・ワセダ」のご案内

あけましておめでとうございます。         角松.jpg

1月10日(水)午後5時、今年初回の「サロン・ド・ワセダ」がオープンします。
サロン・ド・ワセダは、会を重ねるに従い、初参加の会員が来場することも多く、交流の輪も広がってきました。
予約は不要です。午後7時のクローズまで、入室・退室も自由です。どうぞ、お気軽にお越しください。
 2016-5-12サロンドワセダチラシ新 .pdf ←クリックしてください

鎌倉稲門会 事務局
Tel&Fax 0467(55)9771 E-Mail wasedakamakura@yahoo.co.jp


posted by 鎌倉稲門会 at 19:01| Comment(0) | ○ 事務局から

2017年12月29日

「私立大学の未来を考える」フォーラムに参加して

 「私立大学の未来を考える」ー量から質への転換に向けてー
2017年12月17日(日) みらい教育フォーラム 主催 朝日新聞社 後援 文部科学省
第一部 基調講演 「大学トップ、私立大学の未来を語る」 以下発表順
      慶 應 長谷山 彰 塾長 慶應義塾の歩み、グローバル大学への道、教育理念、
                       卒業生(三田会)のネットワーク、財政の独立 etc
           早稲田 鎌田  薫 総長 Waseda Vision 150(学部生7000人減、授業規模、
                       グローバルリーダー育成、国際交流促進、建学精神) etc
      明 治 土屋恵一郎学長 学部学生増員、ICT活用のオンライン授業、国際化教育、
                       建学精神 etc
第二部 論点整理
      「私学が目指す方向」   調査報告 筑波大学 特命教授 金子元久
第三部 パネルディスカッション
      「私学の未来像を考えるー量から質への転換にむけて」
      パネリスト 鎌田 薫 長谷山 彰 土屋恵一郎 浦野光人(ニチレイ相談役)

第一部では、鎌田総長は具体的内容を発表、明治は運営上増員予定など、慶應は具体的
改革案の発表はなかった。
第三部パネルディスカッションでは早稲田改革案について議論が始まった。

以上が概要ですが、内容は朝日新聞1月中旬の朝刊に詳細記事が発表されますので是非
読んでいただくことをお勧めします。

所感
鎌田総長は「量から質への転換」が具体的に進められていることを参加者に強くアピール。
大学商議員会(年2回開催)にて概要は発表されていますが議事録は公表していません。
従って、今回の「教育フォーラム」にて公開された内容を鎌倉稲門会会員の各位には
母校早稲田大学の「量から質への転換の方向性」を知る上で良い機会であり、理解をして
いただくことが大切と考えご報告します。
                            
鎌倉稲門会 商議員 落合理史

                        
posted by 鎌倉稲門会 at 12:17| Comment(0) | ○ 事務局から

2017年10月28日

鎌倉稲門会総会の報告

2017年総会

10月21日(土)、折あしく台風21号接近による雨天の中、鎌倉プリンスホテルで午前11時開かれた。
兵藤会長の議長によって
   1号議案 平成28年度事業・活動報告
   2号議案 平成28年度収支報告並びに監査報告
   3号議案 会則一部変更(相談役・事務局長設置)
   4号議案 役員改選
   5号議案 平成29年度事業・活動計画
   6号議案 平成29年度予算案
と、とどこおりなく承認議決された。

  落合幹事長.JPG 会長.jpg 田村副会長.jpg 副会長江副.jpg
 司会落合理史副会長・幹事長  議長兵藤芳朗会長    事業報告田村昌恵副会長 会計報告江副路子副会長
 
監査報告.jpg  小泉新副会長.jpg
監査報告志村隆会計監査  事業計画小泉親昂副幹事長  ⇐(写真はすべてクリックすると拡大します)

出席者は在校生2名を含む69名。

司会進行は落合理史副会長兼幹事長がつとめた。

今回注目すべきはこの役員改選により、卒業年次昭和30年代の役員がみな退いたことで、若返った
メンバーによる会のいっそうの活動が期される。
また総会懇親会同一ルームの壁面に、会の事業と同好会の活動状況を写真紹介して注目をひいた。

 展示写真を見る.jpg 活動状況写真.jpg
  活動状況の写真展示

12時から約20分の湘南ポラリスハーモニー20名によるハーモニカ演奏の中、早稲田大学、鎌倉6大学、
県下稲門会から迎えた来賓の方々27名が席についた。

 湘南ポラリスハーモニー.jpg 湘南ポラリスハーモニー2.jpg  
 湘南ポラリスハーモニー演奏会
 
12時半から約2時間の懇親会。

大学から来賓の押尾浩志地域コーディネーターのご挨拶にはじまり明治大学鎌倉駿台会会長塚本正夫氏
のご発声による乾杯までの前半の司会は山田章博幹事長。後半は正木裕二幹事司会で進められた。
 
   山田幹事長.JPG  前田副会長.jpg  押尾課長.jpg        県支部副支部長.jpg
懇親会前半司会山田章博幹事長 開会挨拶前田陽子副会長 ご来賓早大押尾浩志課長 同県支部遠井信久副支部長
  
乾杯ご発声.jpg             鎌高合唱部.jpg       正木幹事.JPG
乾杯ご発声明治大学鎌倉駿台会塚本正夫会長 鎌倉高校合唱部のみなさん 後半司会正木裕二幹事

恒例の長寿者表彰は内海恒雄、福山裕子、志村隆、梅原誠子、光岡健二郎の五氏。
それぞれ壇に上がって兵藤会長からお祝いを受けた。
 
 長寿者表彰2.JPG  ゴルフ同好会2.JPG 県支部大会主管挨拶.jpg
    長寿者表彰           ゴルフ同好会表彰   県支部大会主管平塚稲門会成瀬正夫副会長 府川賢次幹事長

終わりはこれも恒例になった応援部6名のパフォーマンスと全員の校歌斉唱。

 応援部.jpg 応援部2.JPG 校歌斉唱1.jpg 校歌斉唱2.jpg 校歌3.JPG
 応援部パフォーマンスと応援歌・校歌斉唱風景

御代川総一郎副会長の閉会の辞によって午後2時半お開きになった。
 御代川副会長.JPG
 閉会の辞御代川総一郎副会長

なお終了後しばし、運営にたずさわった役員たちが反省のミーティングの時を持った。



                                           (文:春日桂太郎、写真:藤林明+小林敏二)


 
posted by 鎌倉稲門会 at 21:47| Comment(0) | ○ 事務局から

2017年10月06日

「サロン・ド・ワセダ」からのお知らせ

「サロン・ド・ワセダ」は10月〜5月は、PM 5:00〜7:00オープンです。

  ■ 毎月第2水曜日にオープンする「サロン・ド・ワセダ」は次回は10月11日(水)
    PM 5:00オープンです。

  ■ オープン時間内であれば、出入り自由です。

  ■ 毎回20人くらいの会員が集い、くつろいだ雰囲気の中で、情報交換・打ち合わせ・近況報告や
    様々な話題で、ひと時を過ごしています。

  ■ 料理は、サロンのための特別メニュー。個人別精算です。

  ■ 最近は、初来場の会員も増えてきました。

      稲門会会員の皆様、お気軽にご来場ください。

   2017-5-11サロンドワセダチラシ新 .pdf

 鎌倉稲門会
 事務局



posted by 鎌倉稲門会 at 20:55| Comment(0) | ○ 事務局から

2017年09月27日

「平成29年度鎌倉稲門会総会」のご案内

鎌倉稲門会
会員の皆様
 すでに皆様には、郵送で「平成29年度鎌倉稲門会総会」のご案内を差し上げておりますが、開催日まで、いよいよ間近に迫ってまいりました。
今年は、アトラクションや懇親会においても例年にも増して趣向を凝らした企画を盛り込んでおります 。
まだ参加お申し込みをされていない方は、ぜひご参加いただきますようお願いいたします。
ご案内書記載の申し込み締め切り日は過ぎておりますが、今からで結構です。

     日 時  平成29年10月21日(土) 午前11時開始(受付10時30分より)
     会 場  鎌倉プリンスホテル バンケットホール
     会 費  7,000円 (同伴者5,000円、現役学生2,000円)
     申込み  すでにお送りした「申し込みはがき」、または事務局へメール、電話、
           Faxでお申し込みください。

その他詳細は、ご案内書をご参照ください。

H29総会案内状 会員あて .doc ←クリックしてください。

事務局
************************************
早稲田大学鎌倉稲門会
〒247-0071神奈川県鎌倉市玉縄1-13-6
Tel&Fax 0467(55)9771
E-Mail wasedakamakura@yahoo.co.jp
************************************
posted by 鎌倉稲門会 at 20:13| Comment(0) | ○ 事務局から

2017年06月21日

「俳句の会」が発足しました

「俳句の会」が発足し、その活動がスタートしました。
事務局から以下、再度のご紹介をいたします。
***********************************************************************************

【第1回「鎌倉稲門会俳句の会」開催のお知らせ】

21日の大雨で、鎌倉の紫陽花も一気に息を吹き返した感がありますが、第 1回の句会はその紫陽花を兼題
(句会の前にあらかじめ出しておく題)として、以下の要領で開催予定です。経験者はもちろん、俳句は初
 めてという方も参加されます。是非、1度句会という場を覘いてみませんか? 句は用意せず、
 見学だけでも結構です。

       日時:2017年6月30日(金)13時〜16時

       場所:鎌倉稲門会玉縄事務所

       用意するもの:・俳句3句(兼題:紫陽花を詠んだもの1句、当季雑詠:題は自由、但し、
                夏にかかわる季語の句2句)・ノート(自由)、筆記具(鉛筆以外)、
                (お持ちであれば)歳時記

       お問合せ:俳句の会代表 吉崎哲男 045-783-3066(自宅) yoshizaki.tetsuo@gmail.com
              鎌倉稲門会事務局 wasedakamakura@yahoo.co.jp
  
      チラシ2(改).pdf ← クリックしてください




posted by 鎌倉稲門会 at 20:56| Comment(0) | ○ 事務局から

2017年06月06日

「サロン・ド・ワセダ」夏季時間のお知らせ

サロン・ド・ワセダ」は、6月〜9月は
          夏季時間となり、PM6:00〜PM8:00にオープンします。
 

  ■ 毎月第2水曜日にオープンする「サロン・ド・ワセダ」は、次回は6月14日(水)
        PM6:00オープンです。

  ■ オープン時間内であれば、出入り自由です。ご都合の良い時間にお立ち寄りください。

  ■ 料理は1品500円が中心のサロンのための特別メニューです。

         稲門会会員の皆様のご来場をお待ちします。

   2017-5-11サロンドワセダチラシ新 .pdf ←クリックしてください。

    鎌倉稲門会事務局



posted by 鎌倉稲門会 at 11:56| Comment(0) | ○ 事務局から

2017年05月25日

関心を呼ぶ早大留学生との国際交流について

県下稲門会の注目は、鎌倉稲門会の新しくスタートした事業「国際交流」で、今 話題となっている。
藤沢稲門会25周年記念号「穂濤 ほなみ」編集後記に次のように書かれている。

鎌倉稲門会が母校の留学生を招待して日本文化や歴史に触れる機会を提供したという記事は興味深い。
いずれ日系企業で働くことになるであろう留学生と(元)企業経営者との懇談会など、地元に史跡など
が少ない地域でも実現可能なアイデアはありそうだ。
寄付などの間接貢献も必要だが、このような顔の見える社会貢献や母校への貢献だからこそ賛同して
下さる未加入の地域校友も多いはずだ。

未加入会員への呼び掛けには社会貢献、母校への貢献がこれからの会員獲得のキーワードになりそうだ。
                                      
                                       落合理史 記
posted by 鎌倉稲門会 at 10:44| Comment(0) | ○ 事務局から

2017年05月09日

「地引網」催行報告

             鎌倉稲門会 地引網
                                           2017年5月3日

 昨年は風、一昨年は雨で2年続けて中止になってしまった地引網、今年こそはの願いがやっと叶いました。
長谷駅から5分ほどで海岸に着くと早稲田の幟がひらめき早くも心が浮き立ちます。
DSC_4073.JPG ←写真はすべてクリックすると拡大します。

9時30分の集合に子供、孫をつれた校友が集合。総勢130名ほどです。
マレーシア、中国、スペイン、エチオピア、シンガポール、韓国、アメリカの留学生 
16名も加わりいよいよ実行委員長の小泉さんの開会宣言。
 IMG_0061藤林さん.jpg  DSC_4075.JPG  DSC_4078.JPG 
 小泉実行委員長挨拶     兵藤会長挨拶       網元加藤さん挨拶 

兵藤会長、落合幹事長の挨拶の後いよいよ網を引き始めました。
二手に分かれて小泉さんの指揮のもとせっせと網を手繰り寄せます。

IMG_0082藤林さん.jpg  DSC_4084.JPG  DSC_4095.JPG  DSC_4088.JPG 
  網の引き揚げ風景
 
子供たちの嬉々とした様子にジジ,ババの頬が緩みます。
鯵,カマス,すずき、いしもち,シコイワシなどかなりの大漁に歓声があがります。
獲れた魚をおみやげにもらい今晩のおかずはおさしみ、塩焼などと話がはずみます。

 IMG_0093藤林さん.jpg  DSC_4103.JPG  DSC_4106.JPG  IMG_0107藤林さん.jpg
          小さい魚は持ち帰り自由 
DSC_4117.JPG  DSC_4075_01.JPG
     カマス アジなどは係からお渡し
        
せっかく網から外したシコイワシをトンビにとられた方もいておおさわぎ。
  DSC_4110.JPG
  上空に多数のトンビ

お開きは11時30分ごろ、三々五々帰途につきました。
地引網の後は場所を御霊神社の星月会館に移して有志と留学生との昼食・交流会を行いました。
早稲田で学ぶ留学生たちの若々しい希望にあふれる姿に接し世界の平和を切に祈りました。

 DSC_4126.JPG  DSC_4128.JPG  DSC_4131.JPG 
  交流会風景                             お土産のじゃんけん合戦
 
その後留学生たちは元鎌倉ガイド協会会長の高橋健治さんの案内で長谷寺、大仏などの鎌倉観光に出かけました。
                                               (文:田村昌恵)

 午後の観光のスタート地点である御霊神社前踏切付近で、テレビドラマの「最後から2番目の恋」で見た景色との話が一人の留学生から出て驚きましたが、撮影場所など少し紹介したところ喜んでいたのが印象的でした。
御霊神社参拝後、長谷寺で阿弥陀堂・観音堂・弁天窟など案内しましたが、阿弥陀堂での日本の厄年に関心を示し、弁天窟内の祈願奉納・各国の方々が奉納した絵馬などにも興味を示しておりました。高徳院では皆さん写真撮影を楽しみ、また造立当時の姿や製作方法、津波で流された大仏殿などの話など理解いただけたと思います。
バス・江ノ電の混雑を避け、ゆっくりと皆で鎌倉駅まで裏道を歩きました。大正から昭和初期の別荘の建物や、新築の落ち着いた邸など、鎌倉の町の奥深さを感じたようです。川端記念館の紹介では、留学生から「雪国」を読んだとの発言があり、早稲田で学ぶ留学生の皆さんの幅広い興味・知識に感心しました。
予定時間をオーバーしましたが、留学生の皆さんには心に残る一日であったと思います。
                                               (文:高橋健治)
                                              (写真:藤林明、高橋健治、小林敏二) 
  留学生集合写真2高徳院.jpg 
  高徳院で留学生の皆さん              
                                             

5月4日付神奈川新聞
神奈川新聞記事.JPG ←クリックしてください。





posted by 鎌倉稲門会 at 14:03| Comment(0) | ○ 事務局から

2017年05月04日

「地引網」が神奈川新聞に掲載。


鎌倉稲門会は、5月3日坂ノ下海岸で「地引網」を開催しました。
その模様が、5月4日付神奈川新聞「地域」版に掲載されました。
下にその記事をご紹介します。
なお、「地引網」の詳細報告は、近日中にホームページに掲載予定です。

鎌倉稲門会 事務局

神奈川新聞記事.JPG ← クリックすると拡大します。





posted by 鎌倉稲門会 at 20:48| Comment(0) | ○ 事務局から

2017年04月24日

「ハイソ」ジャズコンサートのご案内

逗葉稲門会さんから「ワセダ ハイソサエティ・オーケストラ ジャズコンサート」のご案内がありました。
日時は5月13日(土)午後7時開演。会場は逗子文化プラザ・なぎさホール
入場料は2,000円です。

 お問い合わせ・お申し込みは、逗葉稲門会の運営事務局 荒木さん (090−3470−7339)
 または当会副会長 田村さん (090−1432−2131)へどうぞ。

下のチラシをご覧ください。

鎌倉稲門会 事務局

     早稲田ハイソサエティコンサートチラシ.pdf  ←クリックしてください。



posted by 鎌倉稲門会 at 13:56| Comment(0) | ○ 事務局から

2017年04月14日

「地引網」のご案内

地引網を行います!

鎌倉稲門会では、かつて毎年材木座海岸で「地引網」を行ってきました。
一昨年10月および昨年5月に準備万端の企画をしたのですが、当日の天候事情により中止となってしまいました。
三度目の正直。今回は好天を信じ、下記の通り企画しましたので、ご家族・知人等お誘いの上多数の方にご参加いただきますよう、ご案内します。

今回は、ワセダに学ぶ留学生および現役生にも参加の呼びかけをしていますので、さらに盛り上がることが期待されます。

                  記
   日 時  2017年5月3日(水・祝) AM 9:30からおよそ2時間
   会 場  坂ノ下 稲瀬川わきの海岸(添付チラシの地図参照)
   参加費  1人1,000円(中学生以上) 、小学生500円 以上は飲み物付。未就学児は無料
   申 込  添付の申込書に必要事項を記載の上、鎌倉稲門会事務局へE-Mail、Faxで。または電話で
         4月25日までにお願いします。
         下にチラシと申込書を添付しています。

    2016-5-5地引網チラシ3.pdf  地引網参加申込書 (2).xlsx   クリックしてください。

  早稲田大学鎌倉稲門会
  事務局
 Tel&Fax 0467(55)9771 E-Mail wasedakamakura@yahoo.co.jp



   
posted by 鎌倉稲門会 at 21:38| Comment(0) | ○ 事務局から

2017年02月10日

「鎌倉稲門会新年会」開催報告

2月4日(土)、参加者89名を得て、鎌倉稲門会の新年会が開催された。昨年から新たな行事として始まり、今回は2回目である。会場は前回同様御代川総一郎さん(S46政経、当会副会長)がオーナーの「鯉之助」。当会は、兵藤芳朗会長(S50政経)以下の新役員体制になって以来、「鎌倉稲門会の国際交流化」を活動方針の柱の一つに位置付けた。稲門会活動を通して早稲田大学に貢献することに繋がることでもある。その実践として、大学と協議を重ねて、ワセダに学ぶ留学生に鎌倉の史跡に触れてもらい、あわせて新年会で諸先輩と国籍・世代を超えた交流の場を持ってもらうという新企画が盛り込まれることになった。当日午後、リトアニア、ベトナム、中国、エジプト、韓国等の留学生に市内在住現役生を加えた11名が、高橋健治さん(S42理工、元鎌倉ガイド協会会長)の案内で、円覚寺、東慶寺、建長寺等を回り、定刻5時新年会に合流した。
DSC_3779_01.JPG IMG_7310藤林さん.jpg DSC_3785.JPG
司会 落合副会長・幹事長   会長挨拶 兵藤会長      乾杯発声 中川さん
(写真はすべてクリックすると拡大します)

司会落合理史さん(S38政経、当会副会長・幹事長)の開会の辞から始まり、兵藤会長の挨拶では、上記国際交流の意義や、留学生の招待の経緯等が述べられた。また、会長から本日は大江名誉会長が見えられていることが紹介されると、会場から大きな拍手が沸き起こった。乾杯の発声は本日最年長先輩の中川和亮さん(S28法)である。その後しばしの歓談となり、テーブルにあふれるばかりの料理を前に熱気のこもるひと時となった。
DSC_3789.JPG DSC_3788.JPG DSC_3814.JPG 藤林さん写真_7321.jpg 
 大江名誉会長もみえた            歓談風景

途中、司会の落合さんから今年度新たに発足した「美術同好会」「早稲田スポーツを応援する会」「古典芸能鑑賞会」の紹介があり、さらに参加留学生と現役生の自己紹介と、プログラムが進んだ。
DSC_3799.JPG DSC_3809.JPG DSC_3820.JPG
              留学生・現役生 自己紹介

こののち、本日のアトラクション「空くじなしの福引会」である。進行は山田章博さん(S46政経、当会幹事)。賞品は役員が提供したものが中心で、中には「それなりに高価」と思われるものもある。
DSC_3834.JPG IMG_7297藤林さん.jpg DSC_3831.JPG
                   福引大会風景
会も終盤、恒例の校歌斉唱である。リーダーは現役応援部員。「都の西北」は、久々に歌うという参加者も多い。学生時代を思い起こしつつ声を張り上げるのも心地よいものである。
DSC_3839.JPG DSC_3841.JPG IMG_7362藤林さん.jpg IMG_7365藤林さん.jpg
                   校歌斉唱風景
お互いの話題もつきない中ではあるが、午後7時新年会担当副会長田村昌恵さん(S38教育)の閉会の言葉でお開きとなった。来年以降もさらに規模が拡大することを予感させるような新年会であった。 
DSC_3828.JPG 藤林さん写真_7368.jpg
留学生・現役生の皆さん   閉会の言葉 田村副会長
                                        (文:小林敏二/写真:藤林明+小林)


  後日、参加留学生のチョウ アカンさん(中国)から感想文が寄せられましたので、以下に原文のまま
  掲載します。(事務局)

                   鎌倉稲門会イベント参加感想文               
                                          チョウ アカン
        今回のイベントに参加しており、古代中国の建築の構造と似ている神社を拝観し、
        遠い昔から中日は深い歴史的なつながったことを感じました。けれども妙香池は
        中国の禅宗寺院にも見られない庭園で、日本の独特な庭園に魅了されました。
        夕方から始まる鎌倉稲門会で、多くの先輩と出会いました。優秀な先輩たちは様々
        なアドバイスをあげてくれて、本当に助かりました。本職以外に、熱心に社会に
        寄与されている方に敬服しています。将来、自分のできる領域で頑張るうちに、
        できるだけ自分のささやかな力で社会に貢献できたらいいなと思います。
        最後に鎌倉稲門会の皆様、現役の早稲田大学の先輩たちに感謝の意を述べたい
        です。
---------------------------------------------------------------------------------------
  そののち、参加留学生の柴夢成(サイムセイ・中国)さんから感想文が届きました。追加して原文
  のままご紹介します。(事務局)

                   鎌倉稲門会イベント参加する感想文
                   
                                       早稲田大学教育学研究科修士2年
                                       交換留学生・柴夢成 (中国)

        うららかな好晴の日光を浴びながら鎌倉の寺を散策し、久しぶりに小さい頃の春の
        ピクニックの気分を感じました。見知らぬ人は「早稲田」という言葉で絆が生じ、
        一緒にその場にしかない美しさを楽しみ、それはある種の感動と言えるのではない
        でしょうか。大先輩、留学生、現役の学生…違う世代の人、違う国籍の人、みんな
        一緒に集まり、年齢や国・地域を超える交流ができるのが、どれだけ素晴らしいこと
        でしょう。
        当時日本に来たのは自分の目で見、耳で聞き、心で日本を感じたいからです。この
        半年間も日中の若者たちがお互いにできるだけ多く理解してもらえるように活動して
        頑張ってきました。過去にどんなことがあっても、今回の新年会のように、「今、
        ここで」を大事にし、心を込めて相手と付き合えば、人間共有の愛は通じると信じて
        います。微力ながら、これからも頑張ります。

----------------------------------------------------------------------------------------





posted by 鎌倉稲門会 at 13:17| Comment(0) | ○ 事務局から

2017年01月10日

新年会のご案内

2017年新年会ご案内
前回の新年会には校友全員参加のお誘いに77名の方々が応じて下さり大いに盛り上がりました。
鯉之助のお料理、井上蒲鉾のオードブルが潤沢に用意され空くじなしの抽選会も好評でした。
今回は早稲田大学で学ぶ留学生、現役学生にも参加を呼び掛けております。
現在約5,000人の留学生が在籍しているとのことで、鎌倉稲門会も種々の催しにおいて交流をしてまいりたいと考えています。
ぜひ皆で楽しい一時を過ごしましょう。
              記
     年月日  2017年2月4日(土曜日)
     時 間   17時 〜 19時
     場 所   鯉之助(鎌倉駅東口御代川1階) 
     会 費  4,500円(校友 同伴者)
           2,000円(留学生 現役学生)10名限定
アトラクション
     今回も空くじなしの大抽選会を開催
                                     以上
新年会チラシ(HP用).pdf ←クリックしてください。

参加申し込み 申込ハガキで(1月上旬に「笹りんどう34号」等と一緒に皆様へ郵送したハガキです)
または 鎌倉稲門会玉縄事務所
       TEL/FAX 0467−55−9771
       E−Mail  wasedakamakura@yahoo.co.jp
お問い合わせ 田村 昌恵 TEL/FAX 0467−31−4714


posted by 鎌倉稲門会 at 11:01| Comment(0) | ○ 事務局から

2017年01月05日

「サロン・ド・ワセダ」のご案内

明けましておめでとうございます。         角松.jpg

1月11日(水)午後5時、今年初回の「サロン・ド・ワセダ」がオープンします。
最近は初参加の会員が来場することも多く、交流の輪も広がってきました。
予約は不要です。午後7時のクローズまで、入室・退室も自由です。どうぞ、お気軽にお越しください。
2016-5-12サロンドワセダチラシ新 .pdf ←クリックしてください。

鎌倉稲門会 事務局
Tel&Fax 0467(55)9771 E-Mail wasedakamakura@yahoo.co.jp



posted by 鎌倉稲門会 at 10:10| Comment(0) | ○ 事務局から

2016年09月28日

平成28年度 鎌倉稲門会総会開催 迫る

平成28年度鎌倉稲門会 総会・懇親会は8月にご案内の通り下記の通り開催されます。
開催日:平成28年10月8日(土)
場 所:鎌倉プリンスホテル
    総会    14:00〜14:40
    鎌倉稲門亭 15:00〜15:40(現役学生による落語)
    懇親会   15:50〜17:50
既に昨年を超える会員参加のご返事をいただいております。
ご返事をいただいていない方(返信はがきを出し忘れになっている方)は
返信用はがき又はメールにて至急ご連絡下さい。

連絡先
鎌倉稲門会 事務局
メールアドレス:wasedakamakura@yahoo.co.jp
電話1(プッシュホン):0467−55−9771 月・水・金13:00〜16:00
posted by 鎌倉稲門会 at 10:35| Comment(0) | ○ 事務局から

2016年09月03日

早稲田大学商議員就任のお知らせ

2016年6月1日付、下記の方々が選出、就任しています。
*兵藤芳朗 会長(昭50年政経) 落合理史 副会長兼幹事長(昭38年政経)
田村昌恵 副会長(昭38年教育) 御代川総一郎 副会長(昭46年政経) 
*稲田明子 副幹事長(昭38年教育)
 *印 再任
任期は4年(2016年6月1日〜2020年5月31日)
役割:商議員は早稲田大学の校規によって商議員会を組織し、学事や会計の
報告を受け、諮問事項について審議し、その議決をもって総長に建議すると共に
大学の維持・発展・財政基盤の確立に貢献する任務を担うと定められています。
このことから、大学が行う募金等の趣旨に賛同する人々を獲得するなど、大学を
支援する核となることである。
会費:商議員会の維持・運営に要する費用を商議員自らが負担する。
商議員会の開催:年2回
        第1回 2016年7月2日(土)開催 於 大隈記念会堂
           出席者:兵藤芳朗 落合理史 田村昌恵
        第2回 2016年12月3日(土)予定
参考:鎌倉稲門会関係者で年次商議員は以下の通りです。
   1971年次選出商議員 山田章博 幹事(昭46年政経)
   1981年次選出商議員 正木裕二 幹事(昭56年商学)
   なお、大学経営に関する事項が含まれますので議事録は公表できません。

                    事務局 副会長兼幹事長 落合理史
posted by 鎌倉稲門会 at 15:39| Comment(0) | ○ 事務局から

2016年07月03日

早稲田大学校友会新代議員就任のお知らせ

2016年6月1日付にて下記の方々が代議員に就任されました。
鎌倉稲門会では公表していませんでしたが新役員体制になって
発表することに致しました。
江副路子副会長(昭48年文学)、*前田陽子副会長(昭52年文学)、
神田 学副幹事長(昭44年商学)、*小泉親昂副幹事長(昭45年政経)、
藤林 明副幹事長(昭46年教育)、深澤隆史常任幹事(昭45年法学)
*印 留任
任期は4年(2016年6月1日〜2020年5月31日)
役割
@年2回の代議員会に出席、議案の決議、大学・校友会についての情報を
選出母体の校友に周知していただき、大学・校友会との関係強化を
図っていただくこと。
A会員名簿の整備、校友会費の納入促進、稲門祭等各種催しへの協力など、
会員相互の親睦と組織の強化につとめること。

改選年のため臨時代議員会が6月25日(土)大隈講堂で開催された。
当会出席代議員は神田 学、藤林 明、深澤隆史各氏3名でした。
なお、内容については「早稲田学報」校友会ニュースにて報告があります。

                      副会長兼幹事長 落合理史
posted by 鎌倉稲門会 at 12:27| Comment(0) | ○ 事務局から

2016年07月02日

「第14回興福寺勧進能」へのお誘い


鎌倉稲門会会員の皆様

 このたび、兵藤会長より標記能楽のチケットのご提供がありましたので、以下の通り「能楽鑑賞会」
を行うこととしました。

 夏の一日、東京千駄ヶ谷の国立能楽堂で、幽玄の世界に浸ってみませんか。

                  記
   日   時  平成28年7月14日(木) 開場17:30 開演18:00

   会   場  国立能楽堂 渋谷区千駄ヶ谷4−18−1
            (JR中央・総武線「千駄ヶ谷駅」徒歩5分)

   演   目  狂言 「樋(とい)の酒」  シテ 野村 万蔵
            能  「邯鄲(かんたん)」 シテ 浅見 真州 ワキ 宝生 欣哉

   費   用  チケットは無料です。その他費用は、各自ご負担ください。

   募集人数  20名

   申し込み  *参加ご希望の方は、7月10日(日)までに下記にメール、または電話・
            Faxでお申し込みください。
           *メール、Faxの方は、連絡先電話番号をご記入ください。
           *希望者多数の場合は、抽選とさせていただきます。

       お申込み・お問い合わせ先
         鎌倉稲門会事務局
             E-Mail wasedakamakura@yahoo.co.jp
            Tel&Fax 0467(55)9771
         担当副会長 江副路子 090(3690)8239

   その他  *夕食は、弁当をご持参いただければ、開演前にロビーでとることが可能です。
         *チケットは、前日夕「サロン・ド・ワセダ」で、または当日会場入口でお渡し
          します。
         *添付資料もご覧ください。

          以上、お申し込みをお待ちいたします。

   鎌倉稲門会事務局
  
   第十四回興福寺勧進能国立能楽堂.docx←クリックすると資料が見られます


posted by 鎌倉稲門会 at 08:14| Comment(0) | ○ 事務局から

2016年06月01日

「早稲田スポーツを応援する会」発足に向けて


下見会実施報告
 鎌倉稲門会では、いくつかの新しい同好会を発足させようという気運が高まっている。
その中の一つ、仮称「早稲田スポーツを応援する会」は、近日中に発足されることになったが、これに先駆けて、さる5月29日(日)役員有志により、「東京六大学野球早慶戦観戦下見会」が実施された。

 参加者は12名。早稲田大学応援部OBの正木さんの手配で、1塁側内野応援席で観戦することができた。試合開始までの2時間は、応援に関するルール説明や、チアリーダーの早慶交流、校旗入場、校歌斉唱等のセレモニーが続いた。
早慶戦写真小林3.JPG   DSC_3035.JPG

 早稲田は、前日の早慶戦に敗れたため、5位確定と残念な順位となったが、それでも早慶戦は特別な試合だ。観客席が埋まってくるにつれて、開戦ムードが盛り上がってくる。

早慶戦写真1藤林さん.jpg  早慶戦写真藤林さん4.jpg

試合は序盤が投手戦で、均衡が崩れたのは4回裏。慶応が岩見君の2ランホームランで先制。しかし直後の5回表、早稲田は真鍋君の2塁打、立花君の適時打で同点。さらに6回表、早稲田は竹内君の2塁打と石井君の適時打で3点を奪い逆転と、好展開。 

 早慶戦写真藤林さん7.jpg  早慶戦写真1藤林さん.jpg2.jpg  早慶戦写真小林1.JPG

観戦中は応援部の指揮のもと、皆が一緒になってハリセンをたたき、選手に声援を送り、あるいは肩を組みながら応援歌で声を振り絞る。応援には全身を使うのである。早稲田は9回表にも2点を追加し、7対2と、この時点でほぼ勝利を手中に収めた。
鎌田総長も安堵されたか、応援団の前に立って激励のことばをかけた。
 
早慶戦写真藤林さん6.jpg  早慶戦写真藤林さん5.jpg 早慶戦写真藤林さん3.jpg 早慶戦写真小林4.JPG
                     挨拶する鎌田総長
慶応の反撃も9回裏、山本君のソロホームランで1点を返したところで力尽きた。慶応の最後のバッターが倒れた瞬間、1塁側には大歓声が沸き起こった。これで1勝1敗である。
試合後、校歌斉唱、エールの交換等ののち、明日の第3戦の勝利を念じて球場を後にした。

(上2つの画面は動画です。最初に画面下の〇の中の右向き三角1をクリックしてください)

その後、参加者は勝利の余韻に浸りつつ、表参道のイタリアンレストランに移動して懇親会を行った。

席上、この会の名称を「早稲田スポーツを応援する会」とすること、および代表を山田章博さん(S46政経)、副代表を正木祐二さん(S56商)とすることを決めた。

また、今後のスケジュールとして、
      7月6日(水)    早慶サッカー
     10月末〜11月初 六大学野球秋季早慶戦
     11月23日(祝)   早慶ラグビー
     12月11(日)     早明ラグビー
     来年1月2・3日   箱根駅伝
     同 4月        早慶レガッタ
などを観戦予定とすることを確認した。                         以上 
                                        
本日の参加者(敬称略):落合理史(S38政経)、田村昌恵(S38教育)、江副路子(S48文)、福山裕子(S35文)、千葉文子(S37文)、藤林明(S46教育)、山ノ上喜一郎(S39商)、深澤隆史(S45法)、森峻(S43政経)、山田章博(S46政経)、正木祐二(S56商)、 小林敏二(S46法)

       (文:小林敏二、写真:藤林明+小林)



posted by 鎌倉稲門会 at 22:54| Comment(0) | ○ 事務局から