2017年12月04日

「バードウォッチングの会」新年探鳥会のお知らせ

久し振りに「バードウォッチングの会」を開催します。木の葉が落ちて鳥が見やすい時期で目的地の「舞岡公園」は田んぼや雑木林など昔の里山の風景が残され、いろいろな鳥がここで越冬をしています。25種類ほどが期待できるでしょう。若干の起伏はありますがほとんど下り坂ですので、軽い散歩のつもりでご参加ください。

目的地: 舞岡公園(横浜市戸塚区)
日時: 2018年1月18日(木) 雨天の場合は 25日(木)に延期
集合: JR戸塚駅 「橋上改札口」外(大船駅寄りでホームから上階に上がる) 午前9時
持ち物: 双眼鏡、 飲物、菓子など
通信費・資料代等: ¥300.-
昼食: 午後1時ごろに戸塚駅付近のレストラン
服装: 歩きやすい靴、寒い時期ですので防寒具
トイレ: 園内に数ヶ所あります
ご参加の連絡先: 田村昌恵(0467-31-4714) 上野尚博(0467-45-0410)
当日の緊急連絡: 上野携帯 (090-2483-9138)
ヤマシギ(8) 2014.2.7 竜ヶ崎市(岸久司).jpg
posted by 鎌倉稲門会 at 14:48| Comment(0) | ◇バードウォッチングの会

2017年08月27日

アオバト観察会

「バードウォッチングの会」では8月24日(木)にアオバト観察会を開催しました。アオバトは丹沢山中などで繁殖し、毎日大磯の照ヶ崎海岸まで海水を飲みにやって来る、普段はなかなか見ることが出来ない緑色の美しい鳩です。午前8時に大磯駅に集合した参加者10人はタクシーに分乗して海岸に向かいました。照ヶ崎の磯を見下ろす堤防の上で、アオバト研究の第一人者の斎藤氏の説明により観察を開始。待つ間もなく70−80羽の群が飛んで来て海水を飲むために磯に降り立ちます。アオバトを狙ってハヤブサが何度も現れて追いかけますが、目の前で捕まったアオバトは居ませんでした。その後、砂浜に下りて先ほどより少し近い距離から観察をしました。
9時45分に迎えのタクシーに乗り大磯郷土資料館に移動。ここでは「アオバト企画展」が開催中で、アオバトの「アオー、アオー」という鳩とは思えない鳴き声の録音を聞いたり、1羽のアオバトの全身の羽毛(約4,600枚)を見たり、斎藤氏から展示物の詳しい説明を聞き、参加者一同アオバト通になりました。
11時過ぎのバスで平塚駅に向かい、駅中のレストランで昼食会を行って今日の観察会を終わりました。
(上野 尚博 記)2017-8-24アオバト集合写真.JPGアオバト(1) 2012.8.27 大磯 照ヶ崎.jpgアオバト(11) 2012.8.30 大磯 照ヶ崎.jpg

posted by 鎌倉稲門会 at 16:37| Comment(0) | ◇バードウォッチングの会

2017年08月01日

「バードウォッチングの会」緊急ご案内

大磯の海岸にはこの時期、普段町の中では見ることのないアオバトという緑色の美しい鳩が海水を呑むために多数集まって来ます。また近くの大磯町郷土資料館で「企画展 ようこそアオバト楽会へ」が開催されています。今回は急ではありますが、大磯海岸でアオバトの実物を観察した後、資料館で企画展を見学する計画を立てました。

日時: 8月24日(木) 雨天の場合は31日(木)に延期
集合: 午前8時 JR大磯駅 改札口外
当日の予定: 大磯駅ー大磯海岸でアオバト観察ー郷土資料館で企画展見学ー大磯駅付近で昼食会後解散
ご参加のご連絡先: 電話にて 田村昌恵(0467−31−4714)または上野尚博(0467−45−0410)まで。当日の飛び入りご参加も歓迎しますが、事前にお知らせいただいた方には雨天の場合の延期、中止をご連絡します。アオバト(1) 2012.8.27 大磯 照ヶ崎.jpg

2017年05月25日

「バードウォッチングの会」行事報告

「バードウォッチングの会」では今年2回目の探鳥会を5月18日(木)に葉山町の二子山山麓で開催しました。好天に恵まれたこの日は午前9時に14名の参加者が逗子駅に集まり、バスで出発点に向かいました。

今回の目的は初夏の森林の鳥を見ることで、中でも首都圏ではなかなか観察する場所がないサンコウチョウが目的でした。サンコウチョウは雄の尾羽が30pにもなる「日本の極楽鳥」とも呼ばれる鳥で、毎年ここの森で繁殖しているのです。途中、道路わきの電線に止まって囀っているホオジロや、森の中から聞こえるオオルリの声などを楽しみながら林道を歩きましたが、なかなか肝心のサンコウチョウが姿を見せてくれません。それでも1時間少々歩いた後の帰路の途中で、遂に姿を見ることが出来ました。それも一度だけでなく、度々現れたので参加者全員が観察することが出来ました。

最後に新逗子駅付近のレストランで昼食会とこの日出た鳥の確認(25種)を行って解散しました。
(添付のサンコウチョウの写真は5月23日に個人で再訪した時に同行者が撮影したもの)
鎌倉稲門会 2017.5.18 二子山 30%.jpgサンコウチョウ(3) 2017.5.23 二子山(Mariano).jpg


posted by 鎌倉稲門会 at 13:34| Comment(0) | ◇バードウォッチングの会

2017年04月04日

「バードウォッチングの会」からのお知らせ

日本の極楽鳥を見に行こう!

「バードウォッチングの会」では初夏の山の鳥を観察する以下のような計画を立てました。この時期は元々から地元に居るウグイスやメジロなどに加えて、南の国で越冬していた写真のサンコウチョウやオオルリ、キビタキなどの夏鳥が繁殖のために日本に渡って来て、素晴らしい歌声を聞かせてくれます。往復3時間ほどの行程ですが、山のふもとの林道を歩くだけですので上り下りはほとんどありません。「バードウォッチングの会」の会員に限らず、どなたでも奮ってご参加ください。

日時: 5月18日(木) 雨天中止の場合は5月25日(木)に延期
目的地: 葉山町「二子山」山麓
集合: 午前9時 JR逗子駅東口改札前 
用意する物: 双眼鏡。昼食は探鳥会終了後、逗子駅付近のレストランで取ります。
服装: 軽いハイキング程度歩きますので、ウォーキング・シューズでお越しください。
参加費: 郵送料・資料代として¥300.-
申し込み: 5月10日までに下記へ
 田村昌恵: (電話)0467-31-4714 または(メール)azu.mtamura@jcom.zaq.ne.jp
上野尚博: (電話)0467-45-0410 または(メール)kumagera1@nexyzbb.ne.jp
サンコウチョウ(5) 2013.5.31 二子山(高円宮妃殿下).jpg

posted by 鎌倉稲門会 at 14:52| Comment(0) | ◇バードウォッチングの会

2017年01月28日

バードウォッチングの会「境川遊水地探鳥会」のご報告

1月19日(木)、今年最初の「バードウォッチングの会」で「境川遊水地」に行きました。境川は武蔵国と相模国の境いを流れることから名づけられ、上流は町田市から始まり、江の島で海に注ぐ川です。「境川遊水地」は横浜市と藤沢市にまたがる公園です。最寄り駅の小田急線「湘南台駅」に集まったのは9人。バードウォッチングを楽しむのには適切な人数でした。駅からは「境川遊水地」まで歩いて約15分、3つある遊水地の最初の池(今田遊水地)に到着すると、早速ユリカモメの出迎えを受け、やがてカワセミが姿を見せてくれました。この池では比較的珍しい、オカヨシガモの群も見ることが出来ました。次の俣野遊水地ではハシビロガモやマガモなどのカモ類、ダイサギ、コサギ、アオサギなどの他に、ゴイサギも出ました。3つめの飯田遊水地ではバンが葦原の外に出ていました。こうして約4時間、歩行数1万歩のバードウォッチングで記録したのは36種と好成績でした。午後1時過ぎに駅に近いレストランで昼食懇親会を行ってこの日の締めとしました。
集合写真 40%.jpgDSC_3750.JPGゴイサギ(1) 2017.1.19 境川遊水地.jpg
写真は左から「参加者の集合写真」、「カワセミ:撮影:小林敏二」、「ゴイサギ:撮影:上野尚博」


posted by 鎌倉稲門会 at 17:19| Comment(0) | ◇バードウォッチングの会

2016年12月01日

新年探鳥会のお知らせ

冬のバードウォッチングの会を計画しました。この時期は落葉樹が葉を落として鳥が見やすくなります。池にはカモなどの水鳥もたくさん来ているでしょう。コースは上り下りが全くありませんので散歩のつもりでご参加ください。

目的地: 境川遊水地
日時: 2017年1月19日(木) 当日雨天の場合は1月26日(木)に延期。
集合場所: 小田急線「湘南台駅」改札口午前9時
通信費・資料代等: \300.-
昼食: 午後1時過ぎに湘南台駅付近のレストラン
服装: 寒い時期ですので防寒具
トイレ: 数ヶ所にあります。
お申込み締め切り: 1月10日(飛び入りのご参加でも大丈夫ですが、お申込みをいただいた方には雨天で延期になる場合に前日にご連絡します)
ご参加の連絡先: 上野尚博(0467-45-0410)  田村昌恵(0467-31-4714)ジョウビタキ ♂ (2) 2012.10.25 龍宝寺.jpgクイナ(1) 2013.2.21 野川(奥村).JPGマガモ(1) ペア 2014.11.17 霞が関CC(井上英明).JPG
写真の説明: (当日観察可能な鳥)
左から: ジョウビタキ、クイナ、マガモ

posted by 鎌倉稲門会 at 09:12| Comment(0) | ◇バードウォッチングの会

2016年06月14日

「バードウォッチングの会」活動報告

「バードウォッチングの会」では6月5日(日)に今年2回目の探鳥会を実施しました。場所は「横浜自然観察の森」です。生憎この日から関東地方が梅雨入り。大船駅に集合した時には小雨が降っていましたが、11時ごろからは曇りがちになるという天気予報に期待して予定通りにバスで出発。雨が上がるのを待つためもあって、現地に到着すると最初は園内のネーチャーセンターの建物の中で、レンジャーの方からスライド映像による施設や動植物の説明を聞き、予備知識を得ました。11時ごろから外に出て探鳥会を開始しましたが、天気予報に反して一向に雨が止む気配がありません。雨の中では鳥の活動が不活発なので姿を現さず、辛うじて遠くの方からホトトギス、オオルリ、キビタキなどの夏鳥の主役の声が聞こえただけでした。通常ならこの時期には20種程度は観察できるはずでしたが、14種と低調な結果になってしまいました。それでも小雨程度だったことと、森の中を歩くので木の葉で雨が遮られ、気持ちの良い森林散歩が出来たことがせめてもの救いでした。探鳥会終了後は隣接する「上郷山の家」のレストランで昼食を取りながら談笑しました。今回は9名のご参加がありましたが、添付の写真撮影時には落合さん、春日さんが先にお帰りになったため7名しか写っていません。2016.6.5 鎌倉稲門会 バードウォッチングの会 横浜自然観察の森.jpg



posted by 鎌倉稲門会 at 11:21| Comment(0) | ◇バードウォッチングの会

2016年04月21日

探鳥会開催のお知らせ

今年2回目の「バードウォッチングの会」を開催します。今回は「横浜自然観察の森」で山の鳥を観察します。日曜日の開催ですのでご家族おそろいでご参加ください。

日時: 6月5日(日) 雨天中止
集合: 大船駅 笠間口前バスロータリー(東口バスロータリーではありません。ご注意ください)午前9時 30分 (9時40分発の「金沢八景行き」のバスに乗車しますので遅刻されませんように)
当日の予定: 「横浜自然観察の森」で約2時間ほどレンジャーの説明を聞いたり、野鳥観察のあと、園内の レストランで昼食会を行います。
用意する物: 双眼鏡 軽いハイキング程度は歩きますので、歩きやすい履物でお越しください。
参加費: 300円(郵送料+資料代)
お申込み: 5月31日までに下記へ(当日のご参加でも結構ですが、お申込みの方には雨天中止の場合にご連絡します)
 田村 昌恵: (電話)0467-31-4714 または(メール)azu.mtamura@jcom.zaq.ne.jp
 上野 尚博: (電話)0467-45-0410 または(メール)kumagera1@nexyzbb.ne.jp
当日の緊急連絡:
 田村 昌恵: (携帯)090-1432-2131
 上野 尚博: (携帯)090-2483-9138


posted by 鎌倉稲門会 at 11:34| Comment(0) | ◇バードウォッチングの会

2016年03月01日

「バードウォッチングの会」2016年2月25日 活動報告

「バードウォッチングの会」では今年最初の探鳥会を2月25日に開催しました。場所は「戸塚駅」から「大船駅」までを柏尾川沿いに歩き、主として水鳥を観察するものでした。
午前10時、戸塚駅に集合。時節柄、風邪を召された方と花粉症が悪化されて急に不参加になった方3名を除く8人が集まり、早速出発。柏尾川の土手に出ると、すぐにマガモ、カルガモ、コガモや、オオバン、ユリカモメなどの水鳥が現れます。この付近では川幅が狭いので、双眼鏡も不要なほどです。更に進むとカワセミ、イソシギ、ハクセキレイなどの水辺の鳥も姿を見せました。
昼頃、中間点の金井遊水地に到着。広い遊水地には葦原が広がっており、ここにはアオサギの群や、カワウ、カイツブリ、コサギなどが見られました。空からはこの付近では比較的珍しいヒバリの春の訪れを告げるさえずりが聞こえてきました。
昼を過ぎて少々空腹を感じて来たので先を急ぎ、途中でキセキレイ、セグロセキレイなどを加えて、午後1時過ぎに大船駅に到着し、近くのレストランで昼食会を行った後、解散しました。
この日観察した鳥は29種でした。好天に恵まれ、風もなく穏やかな一日を楽しむことが出来ました。
報告者: 上野 尚博
(添付写真の鳥はアオサギ)バードウォッチングの会 25%.jpgアオサギ(3) 2016.2.25 金井遊水地.jpg


posted by 鎌倉稲門会 at 16:54| Comment(0) | ◇バードウォッチングの会

2016年01月16日

「バードウォッチングの会」のお知らせ

鎌倉稲門会「バードウォッチングの会」の今年度第1回目の「冬の探鳥会」を下記のように計画いたしました。今回は戸塚駅から大船駅まで柏尾川沿いに、上り下りの全くない平地(舗装された道)を2時間半ほどかけて鳥を探しながら歩きます。終了後は大船駅付近で昼食会(有志)も予定しています。トイレはちょうど行程の中間地点の金井運動公園にあります。多数の皆様のご参加をお待ちします。

日時: 2016年2月25日(木) 
雨天の場合は翌週の3月3日(木)に順延
集合場所と時刻: JR戸塚駅「地下改札口」に10時
費用: 300円(連絡費および資料代)
ご参加申し込み: 
田村(0467-31-4714:携帯 090-1432-2131)
上野(0467-45-0410:携帯 090-2483-9138)
posted by 鎌倉稲門会 at 11:20| Comment(0) | ◇バードウォッチングの会

2015年09月14日

上野動物園見学会のお知らせ

「上野動物園見学会」のお知らせ

 長雨が続き、西日本に上陸した台風の影響が関東各地にも出ていますが、いかがお過ごしでしょうか。
4月に行った鎌倉稲門会「旅の会」、「写真同好会」、「バードウォッチングの会」合同の
「横浜動物園ズーラシア見学会」に続き、今回も三つの同好会の合同企画です。皆様お馴染の「上野動物園」に行き、永年同園でボランティアガイドを務めている校友に園内を案内してもらうほかに、ジャイアントパンダの飼育員からお話を聞かせてもらう予定です。童心に帰って最近の動物園情報を聞き、動物たちを見学しましょう。

         目的地: 「上野動物園」
         日時: 11月5日(木) 雨天決行
         集合: JR上野駅「公園口」 改札口外 午前11時
終了予定時刻: 午後3時30分ごろ 現地解散
通信費等: \500.-
この他に入園料が¥300.-掛かります(シニア料金ですので年齢を証明できるものをご持参ください)。65歳未満の方は¥600.−です。
         昼食: 園内のレストラン
           申込み:10月31日までに下記へ
お申込み: 田村昌恵31-4714   mtamura@kamakuranet.ne.jp
小林敏二46-7230  t_koby0712@yahoo.co.jp
上野尚博45-0410 kumagera1@nexyzbb.ne.jp
     
当日の緊急連絡: 田村携帯090-1432-2131  小林携帯090-8747-0361
上野携帯 090-2483-9138
posted by 鎌倉稲門会 at 09:02| Comment(0) | ◇バードウォッチングの会

2015年05月22日

2015年5月21日 バードウォッチングの会 活動報告

鎌倉稲門会 2015.5.21 二子山 40%.jpg
鎌倉稲門会「バードウォッチングの会」の行事「二子山で鳥のさえずりを聞く会」が5月21日(木)に開催されました。二子山は葉山町に所在する標高200m程度の小山ですが、山麓には林が広がり夏冬を通じて様々な小鳥類を観察することが出来ます。今回は初めての夏鳥観察会でした。ここで有名なのは「日本の極楽鳥」とも呼ばれるサンコウチョウが毎年繁殖していることで、関東各地からバードウォッチャーが集まって来ます。
今回の参加者は10名。9時前から歩き始め、目的の「森戸川林道」に入るとすぐにホトトギスの「特許許可局」という声が聞こえてきました。先に進むと、日本三鳴鳥の一つオオルリの歌声が谷に響いてきます。続いて目的のサンコウチョウ(三光鳥)の「月・日・星ホイホイホイ」という三つの光を示す声。残念ながら周囲の木の葉に邪魔されて姿が見えません。更に進むと木の葉の間で虫を探しながら「焼酎一杯グーイ」と鳴くセンダイムシクイが現れました。
林道入口から鳥を観察しながらゆっくり歩いて1時間半ほど行った所に大勢のカメラマンが居る杉林がありました。ここは毎年サンコウチョウが営巣する所です。今年もここで巣に入る雄と雌を観察することが出来ました。長さが30cmほどもある見事な尾を持つ雄の姿を全員が見ることが出来ました。
サンコウチョウ 2015.5.21 二子山(小林敏二)50%.jpg
巣の中のサンコウチョウのオス
撮影: 小林敏二氏

この日一番の目標だったサンコウチョウを見ることが出来たので同じ道を引き返し、新逗子駅近くのレストランで昼食、この日観察した鳥27種を確認して解散しました。
(上野 尚博 記)
posted by 鎌倉稲門会 at 09:54| Comment(0) | ◇バードウォッチングの会

2015年04月27日

二子山探鳥会のお知らせ

1月17日に実施した二子山探鳥会を再度計画しました。前回は冬の鳥でしたが、今回は夏の鳥の美しい囀りや姿に期待します。二子山では「日本の極楽鳥」とも呼ばれる尾の長さが30cmもあるサンコウチョウや、「日本三大鳴鳥」のうちのオオルリ、ウグイスが繁殖し、歌にも詠まれるホトトギスも観察できます。天気に恵まれれば気持ちの良い季節ですので是非ご参加ください。

目的地: 二子山山麓(葉山町)
日時: 5月21日(木) 雨天の場合は 28日(木)に延期
集合: JR逗子駅 東口 改札口外 午前8時30分
持ち物: 双眼鏡、 飲物(途中に自販機あり)、菓子など(昼食が遅くなるため)
通信費・資料代等: \500.-
昼食: 午後1時過ぎに逗子駅付近のレストラン
服装: 未舗装の林道を歩きますので歩きやすい靴を着用ください。
トイレ: 林道入り口近くのコンビニ利用(往復3時間ほどトイレなし)
ご参加の連絡先: 田村昌恵(0467-31-4714) 上野尚博(0467-45-0410)
雨天の場合にご連絡しますのでご参加の方は必ずお知らせください。
当日の緊急連絡: 田村携帯 (090-1432-2131) 上野携帯 (090-2483-9138)
posted by 鎌倉稲門会 at 18:43| Comment(0) | ◇バードウォッチングの会

2015年01月23日

「バードウォッチングの会」活動報告

「バードウォッチングの会」活動報告 2015年01月17日(土)

bird_01.jpg

 今年初めての「バードウォッチングの会」を1月17日に三浦郡葉山町に所在する二子山の山麓で行いました。
 寒い時期でもあり、参加者は10名といつもより少なめでしたが、これまで鎌倉稲門会で行ってきた遠くからカモなどを見るバードウォッチングと異なり、初めて小鳥の観察を目的としましたので、人数的には最適でした。

 午前9時から午後1時までの約4時間、森の中を歩き、25種の鳥を観察しました。その中には頭上を旋回してくれたこの付近では冬の代表的な猛禽類のノスリや、冬になると山から下りて来てここの森の中で越冬するカケスの群も見ることが出来ました。


bird_02.jpg bird_03.jpg トビ(3) 2010.10.27 二子山.jpg
(写真 左:上空を旋回する猛禽類ノスリ、中央は カケス、右はトビ)

 バードウォッチング終了後は、新逗子駅の近くの、早稲田の政経学部ご卒業のオーナーシェフが経営するレストランで昼食会を行い、この日観察した鳥の「鳥合わせ」を行って解散しました。
 次回は5月21日に同じ二子山の山麓で夏の鳥の観察会を行う予定です。

                                      (上野 尚博 記)
posted by 鎌倉稲門会 at 16:20| Comment(0) | ◇バードウォッチングの会

2014年12月25日

新年バードウォッチングの会のご案内

鎌倉稲門会「バードウォッチングの会」のお知らせ

久し振りに「バードウォッチングの会」を開催します。木の葉が落ちて鳥が見やすい時期ですので森の小鳥を中心に探します。歩くコースには上り下りがほとんどありませんので散歩のつもりでご参加いただけます。

目的地: 二子山山麓(葉山町)
日時: 1月17日(土) 雨天の場合は 24日(土)に延期
集合: JR逗子駅 東口 改札口外 午前8時30分
持ち物: 双眼鏡、 飲物(途中に自販機あり)、菓子など(昼食が遅くなるため)
通信費・資料代等: \300.-
昼食: 午後1時過ぎに逗子駅付近のレストラン
服装: 未舗装の林道を歩きますので歩きやすい靴、寒い時期ですので防寒具
トイレ: 林道入り口近くのコンビニ利用(往復4時間ほどトイレなし)
ご参加の連絡先: 田村昌恵(0467-31-4714) 上野尚博(0467-45-0410)
当日の緊急連絡: 上野携帯 (090-2483-9138)
posted by 鎌倉稲門会 at 16:45| Comment(0) | ◇バードウォッチングの会

2014年06月10日

6月5日の二子山探鳥会報告

二子山サンコウチョウオオルリを見に行く計画でしたが、生憎、梅雨入りになってしまったため
残念ながら中止となりました。

サンコウチョウ(3) 2013.5.31 二子山(高円宮妃殿下).jpg オオルリ(2) 2006.4.30 幕山.jpg
(写真の説明)左=サンコウチョウ 右=オオルリ
                                       上野 尚博
posted by 鎌倉稲門会 at 13:56| Comment(0) | ◇バードウォッチングの会