2018年04月12日

「第10回句会の報告」

<第10回「りんどう句会」報告(2018年3月26日開催)>

今回の兼題は「花(桜)」。俳句では「花」と言えば桜のこと。古来数多くの桜の句が詠まれてきましたが、今回、当句会においても、とてもユニークで「花」に対する日本人の感覚を上手に詠みこんだ句も発表されました。俳句を初めてまだ間もないという会員に高得点句が生まれており、経験者もうかうかしていられません。次回は、最終週の月曜日30日がゴールデン・ウイーク(因みに、実はこれも晩春の季語です)の最中なので、1週間前倒しして4月23日(月)13時より、玉縄事務所で開催予定です。兼題「春の宵」1句と当季雑詠2句の計3句。見学でも結構ですので、ご関心のある方、ぜひご一報ください(事務所宛メールで)。以下、当月の高得点句(一部原句を添削。3点以上、氏名は俳号)。

  9点:夜桜や六方踏むか石畳        鈴木金平
  5点:花咲けど愛でる人なき被災の地   千葉ふみこ
  5点:春の蕗煮れども越せぬ母の味    高吉よしえ
  4点:浮き浮きと川面を舞ふや初燕    上野なをひろ
  4点:吉野よりも母の里なる八重桜    高吉よしえ
  3点:居眠りもさせぬ話芸や目借時    吉崎明光
  3点:残雪の芽鱗敷き詰む橅の森     福田くにもと

                                   (吉崎明光記)



  
posted by 鎌倉稲門会 at 20:16| Comment(0) | ◇俳句の会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。