2018年03月11日

句会の報告

<2018年2月26日開催第9回りんどう句会報告>

今回の兼題は「早春」。立春後しばらくの間をいう季語。実感では寒さが最も厳しい頃ですが、どこかに春の気配を感じる季節でもあります。この感覚をうまく詠みこめるか。下記の高得点句をみても、今回の兼題も難しかったようですね。次回は3月26日(月) 13時より、玉縄事務所で開催されます。兼題の「花(桜)」1句と当季雑詠2句の計3句。見学でも結構ですので、ご関心のある方、是非ご一報ください( 事務所宛メールで)。以下、当月の高得点句(一部、原句を添削。3点以上、 氏名は俳号)。

     6点:ほろ苦き夜や蕗味噌とロゼワイン    田村昌枝
     6点:背を向けし男に似たる男雛かな     鈴木金平
     5点:どの店も元祖本家や梅日和       吉崎明光
     4点:いつからか夫の仕事や雛飾       高吉よしえ
     4点:紅梅の明日こそ蕾弾けむか       小林としを
     4点:里山の栗鼠も婚活春兆す        田村昌枝
     3点:蕗のたう摘む友の背の丸くなり     千葉ふみこ
     3点:余寒なほ青物の値を一瞥す       吉崎明光
     3点:締め込みで寒中神輿の出番待つ    小林としを

                                         (吉崎明光記)





posted by 鎌倉稲門会 at 14:08| Comment(0) | ◇俳句の会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。