2021年08月30日

第5回稲穂展(鎌倉稲門会70周年記念)開催のお知らせ

  第5回稲穂展(鎌倉稲門会70周年記念)開催のお知らせ

今年は鎌倉稲門会創設70周年に当たり、絵画・書・陶芸・立体などの作品の他、各人の

思い出の品々も合わせて出品しますので、ご来場の上お楽しみ頂ければ幸いです。


      日時:202199日(木)〜14日(火)

                          10時〜5時(初日は1時開場 最終日は4時まで)

      会場:ギャラリー やまご

        鎌倉市小町2−2−10  Tel0467221772

        鎌倉駅東口より徒歩5分  小町通り2本目を左折

     主催:鎌倉稲門会・美術同好会 

        問い合せ:事務局・樽味 0467321544

     後援:鎌倉美術連盟

     出品者:絵画(上野憲一 樽味美砂子 西松凌波 野崎安廣 前田泰明 松田義夫

              三好隆 山田重文 横松佐智子) 

       書・短歌(兵藤桂子 松田多惠子  太田宜子)

       画像写真(後藤辰郎) 

       陶芸・鎌倉彫・手芸・オブジェ(田村昌恵 千葉文子 寺井孝之

                        高橋啓  前田泰明


                                              美術同好会 代表 上野 憲一





posted by 鎌倉稲門会 at 11:55| Comment(0) | ◇美術同好会

2021年08月04日

第50回「りんどう句会」報告

<第50回「りんどう句会」報告(2021726日(月)開催)>


 第50回りんどう句会を実施しました。今回は13名参加の各3句、合計39句の出句がありました。

当月の兼題は鈴木總さん出題の「日傘」です。強い日差しを避けるために用いる傘です。白地の「白日傘」や美しい絵模様の「絵日傘」があります。女性の体験談を詠んだ句が多かったようです。互選による得点句は、最高得点9点でした。その他の句も秀句、佳句がたくさんありましたが、得点は少し集中しました。夏の暑さを詠んだ句が多くありました。

次回は、830日(月)開催予定で、兼題は山田伸子さん出題の「朝顔」です。秋の季語で、鎌倉時代以後、観賞用に栽培され、江戸時代に広く親しまれる様になりました。

 当句会は、メンバー全員和気あいあいに俳句を楽しんでいます。ご興味のある方は、是非ご一緒に句座を囲みましょう。特にこのような環境下、日常生活に大いに潤いをもたらすこと必定です。

 新規入会あるいは体験参加希望の方は、鎌倉稲門会事務所あてメールでお問い合わせください。ご連絡をお待ちしています。


     (今月の高得点句:3点以上。氏名は俳号)

         9点句  下駄の足踏まれて踏んで踊りの輪  浜崎かづき

         7点句  立ち話一つの日傘分け合ひて    高吉よしえ

          ホーム越し日傘傾げて遠会釈    浜崎かづき                     

         6点句  潮の香の届く舞殿黒揚羽      田村昌恵

          墓前ミサ神父にかざす白日傘    前川たく

         4点句  朝顔の三日見ぬ間の弦の丈     浜崎かづき

         3点句  目を細め日傘代りの白き指     千葉ふみこ                     

          友来る切子に注ぐ冷し酒      手島簾雲

                                                                                                                                                       (北村拓水記)
[ 続きはココをクリック ]
posted by 鎌倉稲門会 at 22:04| Comment(0) | ◇俳句の会