2018年06月29日

第13回りんどう句会実施

〈第13回「りんどう句会」報告(2018625日開催)〉

今月の兼題は「サイダー」。昔は「サイダー」と「ラムネ」くらいしかなかった清涼飲料水も最近は色々な種類が増え、サイダーの影は薄くなってきましたが、我々サイダー世代にふさわしい名句(?)が多く寄せられました。今月から新入会員が1名増え、総員14名となりました。1年前に10名で発足した当会ですが、「初心者大歓迎楽しく俳句を・・」をモットーに会員も順調に増えつつあります。句会終了後の大船での1周年記念祝賀会は、俳句の話あり、サッカーの話ありで大いに盛り上がりました。なお、7月の兼題は「日焼(ひやけ)」、730日開催(原則:毎月最終月曜日:1時開催4時頃まで)、兼題1句に当季雑詠2句投句となっております。

以下、当月の高得点句(3点以上、氏名は俳号)

   7点  伸ばす手に幽かな風や蛍飛ぶ    田村昌恵

  4点  浅間嶽消えて信濃は送り梅雨    福田くにもと

     4点  クラス会安保闘志の夏帽子     田村昌恵

     4点  サイダーをバケツで冷やす草野球  浜崎かづき

  4点  蚊遣火を囲み通夜待つ人の黙    浜崎かづき

     3点  山は噴き陸はうねりて初夏異変   千葉ふみこ

     3点  サイダーを卒業の子らハイサワー  田村昌恵

                         (浜崎かづき 記)

  俳句の会・句会.JPG 俳句の会一周年.JPG

    今回参加者      1周年記念祝賀会

posted by 鎌倉稲門会 at 19:29| Comment(0) | ◇俳句の会

2018年06月21日

「早慶サッカー」応援のご案内

早慶サッカーのご案内

早稲田サッカー部、現在、関東大学サッカーリーグ、一部の首位を独走しています。
優勝の期待が持てます。

今年、2部に降格した慶応サッカー部、早慶戦は特別な気持ちで挑んできます。

今年こそ、大差での圧勝を目指して、応援しましょう。
招待券を10枚入手しましたので、先着10名まで無料です。
夕食は各自ご用意ください。競技場内で弁当、飲み物の購入ができます。

   7月7日(土) 女子部  15:30  キックオフ

            男子部  18:30   キックオフ

川崎・等々力陸上競技場

応援に行かれる方は、
       早稲田スポーツを応援する会
       深澤(090−3200−3952)迄連絡をお願いします。




posted by 鎌倉稲門会 at 17:37| Comment(0) | ◇早稲田スポーツを応援する会

2018年06月12日

「第4回落語会」報告

第4回落語会を66日(水)1000より鎌倉駅東口御代川1階「鯉之助」で開催しました。

今回の出演者は、会員の鈴木有史郎(40文)さんこと「豊田家金平」さんと現役の会社社長で、社長業より落語優先を信条とする「えこ家でん助」さんにお願いしました。金平さんは林家正雀師匠に手ほどきを受けた「崇徳院」を、でん助さんは「宗論」を、高座が壊れんばかりの熱演をしていただきました。

 DSC_5542.JPG DSC_5546.JPG DSC_5547.JPG DSC_5550.JPG

   司会 川端代表      開会あいさつ 兵藤会長    えこ家でん助師        豊田家金平師

雨天にも関わらず参加者は37名と過去最高で、皆さん感動されたことと思います。

また、今回から会場を「鯉之助」としキャパシティーを拡げ、お弁当もグレードアップしました。

  DSC_5544.JPG DSC_5553.JPG DSC_5556.JPG

                                     終演挨拶 小泉副会長

古典芸能鑑賞会は、「皆様に感動を!」をモットーに今後も活動いたします。

次回は1251000より、場所は同じ「鯉之助」で開催の予定です。

 DSC_5559.JPG DSC_5563.JPG   参加者の皆さん 

出演者は、H4理工卒で林家木久扇門下の林家久蔵師匠にお願いしています。

乞うご期待を!


                                                   (文:川端章、写真:小林敏二)

posted by 鎌倉稲門会 at 15:02| Comment(0) | ◇古典芸能鑑賞会

2018年06月08日

「第12回句会」報告

<第12回「りんどう句会」報告(2018年5月28日開催)>

今回の兼題は「鮎」。「久しく食べていないので難しかった!」との声が多かったのですが、俳句は、自身の経験のみではなく、映像などで見たことや聞いた話、読んだことなどから発想を自由に飛ばして詠んで良いのです。今回から新規に1名入会されましたが、「笑いが絶えなくて面白い会でした!」との感想をいただきました。6月25日(月)(13時〜玉縄事務所において)の第13回句会は、当句会発足後、丸1年の記念句会になります。6月からはさらに1名の新規会員をお迎えする予定で、会員数は計14名となります。当日の句会終了後、1周年記念の宴会も予定しています。なお、6月の兼題は「サイダー」。兼題1句と当季雑詠2句を投句して下さい。
以下、当月の高得点句(3点以上、氏名は俳号)。

   6点:鮎上がる堰に屯す鳥の群    上野なをひろ (屯=たむろ)
   5点:程良しと一気に抜くや鮎の骨   吉崎明光
   4点:被爆地の川を忘れず上がる鮎  福田くにもと
   4点:鮎跳ねて深き静寂に我一人    鈴木金平   (静寂=しじま)
   4点:青蛙去年もここにゐた君か     吉崎明光
   3点:時の日や二分刻みの山手線   浜崎かづき
   3点:葉洩れ日のゆらぐ流れに鮎の影 福田くにもと
                               (吉崎明光記)


posted by 鎌倉稲門会 at 22:10| Comment(0) | ◇俳句の会